配色:                          文字サイズ: 

世界の血圧監視装置市場規模調査ー製品タイプ別 (血圧計/アネロイド血圧計、自動血圧計/デジタル血圧計、自由行動下血圧計、トランスデューサー、血圧計アクセサリ)、地域別―予測 2022-2030年

高齢者人口の増加率は、世界の血圧監視装置市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、2022ー2030年予測期間中に世界のXYZ市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

【ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー】 日本初!*1コンタクトレンズブランド アキュビュー(R) から生まれたソフトコンタクトレンズケア用品「アキュビュー(R) リバイタレンズ(R) 」 登場!

弊社の調査では、日本国内のコンタクトレンズ装用者は約2,200万人いることがわかっています*5。一方、不適切なコンタクトレンズケアにより、角膜潰瘍など重篤なものも含む眼疾患につながっているコンタクトレンズ装用者も一定数いると言われています。弊社はトータルアイヘルスのリーディングカンパニーとして、人生100年時代における目の健康寿命を延ばすべく、すべての人が毎日を健康に、クリアな視界で過ごすことを願い、白内障やドライアイの治療領域などさまざまなニーズに対応したソリューションを提供しています。コンタクトレンズのケア不足から発生する眼疾患の問題は、目の健康を考えていく上で非常に重要であり、コンタクトレンズとケアの両方からクオリティ・オブ・ビジョン(QOV)の向上に努めるため、日本で初めて「アキュビュー(R) 」ブランドより、「アキュビュー(R) リバイタレンズ(R) 」を発売するに至りました。

【株式会社ピーカブー】 全国、海外からも募集!紫外線対策ウエアブランド:エポカル(EPOCHAL)より園児・児童のための紫外線対策用の制帽・制服・体操服(日本学校保健会推薦製品)

紫外線を浴び続けると人体に様々な影響があることはよく知られている。急性の症状としては日焼けといった身近なものから、慢性の症状ではシミやしわ、前がん症(日光角化症、悪性黒子)、皮膚ガン、白内障といったトラブルが報告されている。紫外線対策は予防がすべて、と言われるほどで、普段から紫外線を浴び過ぎない工夫をすることが重要である。

世界の眼科用医薬品およびデバイス市場―洞察、機会分析、市場シェアおよび予測2018 – 2028年

市場は、緑内障や白内障の高齢化人口などの眼に関連する障害の有病率の増加、新薬やデバイスの規制当局の承認、低侵襲手術デバイスなどの新技術など要因によって推進されています。また、薬物とデバイス療法の組み合わせに焦点を当てること、および可処分所得や医療費の増加などの経済的要因の増加は、市場の成長を促進すると予想されるいくつかの要因です。

新型コロナで全国411病院の入院22%減

 新型コロナの影響による患者数の減少要因は、供給側である病院と需要側の患者の大きく2つあります。供給側の理由は、コロナ患者治療に医療資源を集中させるため、受診抑制や病棟閉鎖、白内障など「待てる」予定手術・検査の延期などです。需要側の要因は、(1)手洗い、うがい、マスク着用などによる衛生要因(2)外出自粛や休業・休校の要請に伴う罹患減などの環境要因(3)コロナ感染リスクを懸念して不要不急の受診を控える「受診行動の変化」――の大きく3つが考えられます。

【Zoff】 withコロナ時代の新症状!「デジタル時差ボケ」に陥っている人ほど寝ても疲れが取れていないことが判明!

眼科専門医。「医療法人社団康梓会Y'sサイエンスクリニック広尾」理事長。過去、大阪大学大学院医学系研究科および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面および間葉系細胞の幹細胞研究に携わり、実際の細胞培養の経験まである再生医療のスペシャリスト。現在は、主に大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術等に取り組む傍ら、眼科の領域にとどまらず、東京では肌再生療法や脂肪幹細胞療法、免疫療法も手掛ける。また、メディアにおいても活躍中。

【株式会社主婦の友社 】 目の寿命は60年しかない!? スマホ、花粉症、目の酷使、白内障の若年化で、あなたも失明予備群かも!?『世界一の眼科外科医がやさしく教える 視力を失わないために今すぐできること 』発売

目の寿命は60年しかない!? スマホ、花粉症、目の酷使、白内障の若年化で、あなたも失明予備群かも!?『世界一の眼科外科医がやさしく教える 視力を失わないために今すぐできること 』発売

【株式会社インターメスティック】 コロナ禍初のクリスマス目前!おうち時間の増加で小学生のゲーム時間は110%に!小学生の3人に1人がゲームのやりすぎによる昼夜逆転状態「ゲーム時差ボケ」に陥っている可能性があることが判明!

眼科専門医。「医療法人社団康梓会Y'sサイエンスクリニック広尾」理事長。過去、大阪大学大学院医学系研究科および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面および間葉系細胞の幹細胞研究に携わり、実際の細胞培養の経験まである再生医療のスペシャリスト。現在は、主に大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術等に取り組む傍ら、眼科の領域にとどまらず、東京では肌再生療法や脂肪幹細胞療法、免疫療法も手掛ける。また、メディアにおいても活躍中。

グローバル仮想/オンラインフィットネス市場規模調査ーストリーミングタイプ別(ライブ、オンデマンド)、セッションタイプ別、デバイスタイプ、収益モデル別、エンドユーザー別、地域別ー予測2020-2027年

高齢者人口の増加率は、グローバル仮想/オンラインフィットネス市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、2020ー2027年予測期間中に世界のグローバル仮想/オンラインフィットネス市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

【Zoff】 コロナ禍で再注目されるメガネ需要 ブルーライトカットメガネは前年比5倍の売り上げ  コンタクト着用者の3人に1人は「実は1日中メガネでいたい」と思っていることが判明!

眼科専門医。「医療法人社団康梓会Y'sサイエンスクリニック広尾」理事長。過去、大阪大学大学院医学系研究科および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面および間葉系細胞の幹細胞研究に携わり、実際の細胞培養の経験まである再生医療のスペシャリスト。現在は、主に大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術等に取り組む傍ら、眼科の領域にとどまらず、東京では肌再生療法や脂肪幹細胞療法、免疫療法も手掛ける。また、メディアにおいても活躍中。

Smart Eye Cameraで前房深度と隅角の評価が既存機器と同等に可能と証明

今回の臨床研究では、白内障手術を受けていない日本人の被験者の方 (20-96才) 85名の眼(170眼)を対象に、従来の医療機器(固定式細隙灯顕微鏡及び、前眼部OCT)とSECで診察を行い、「前房深度」及び「前房隅角比 (Van herick plus分類)」の評価を行いました。結果として、SECによる前房深度の評価及び、隅角の評価結果と、従来の細隙灯及び前眼部OCTによる評価や計測値との間に相関性が確認されました。

【株式会社メニコン】 愛媛県と共同制作した禁煙推進グッズのご案内

喫煙が白内障や加齢黄斑変性症など目の病気発症に影響することが確認されております。弊社は、高度管理医療機器メーカーとして従業員はもちろん、お取引先様や地域社会の皆様の目や身体の健康の為、2016年に禁煙運動推進を事業化しました。その取り組みの一環として、まだ禁煙が徹底されていない飲食店などに対し、禁煙を促すことを目的としたグッズ「禁煙しても困りゃせん!」を2019年に発売いたしました。この度制作したグッズは、受動喫煙をなくす取り組みを強化する愛媛県とコラボレートし、初めて自治体と共同制作した「禁煙しても困りゃせん!」の新バージョンです。

【日本アルコン株式会社】 日本アルコン、新世代1日使い捨てコンタクトレンズ「プレシジョン ワン(R)」3月5日に発売

アルコンは、人々に素晴らしい視界がもたらされるよう貢献します。アイケアのグローバルリーダーであるアルコンは世界で70年以上、最も広範な製品を提供し、より良い視界・視力と人々の生活の質の向上に寄与してきました。当社のサージカル製品とビジョンケア製品は、世界中140カ国で、年間合計2億6千万人以上もの白内障、緑内障、網膜疾患や屈折異常に悩む人々の治療に役立てられています。世界で2万人以上の従業員が、革新的な製品、アイケア専門家とのパートナーシップ、質の高い眼科治療へのアクセスを高めるためのプログラムを通じて、人々の生活の質の向上に努めています。アルコンの日本法人である日本アルコンは、1973年の設立以来45年以上にわたり、日本のお客様や患者様にアイケア製品を提供してきました。詳細は https://www.alcon.co.jp をご覧ください。

抗生物質市場ー阻害剤の種類別(タンパク質合成、細胞壁など)、薬剤クラス別(フルオロキノロン、セファロスポリン、ペニシリン、マクロライドなど)、地域別-分析、トレンド、サイズ、予測2014- 2025年

高齢者人口の増加率は、抗生物質市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、予測期間中に世界の抗生物質市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

グローバル免疫血液学市場規模調査-製品別(免疫血液学分析装置、免疫血液学試薬)、エンドユーザー別(病院、血液銀行、診断研究所)および地域別ー予測2020-2027年

高齢者人口の増加率は、グローバル免疫血液学市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の

【窪田製薬ホールディングス株式会社】 メガネのいらない世界をつくる「クボタメガネ」概念実証(POC)試験の被験者登録完了のお知らせ

近視は、2050年には、世界の約半数の人が陥ると予測されている疾患です(*1)。特に、日本を含む、中国、香港、台湾、韓国、シンガポールといった東アジアの国々で近視が急激に増加しており、ソウルでは、19歳の男性の96.5%が近視というデータも示されています(*2)。また、2019年3月に文部科学省が発表した学校保健統計調査に よると、小学生〜高校生の裸眼視力における1.0以上の割合が過去最低と発表されています(*3)。近視の進行によ り、緑内障視野障害、白内障、網膜剥離、黄斑変性などの疾患を合併するリスクが高まることも知られており(*4)、 強度近視患者の増加は、大きな社会課題の一つですが、未だ本邦で薬事承認を受けた治療法はありません。近視は、屈折性近視、軸性近視、偽近視、核性近視などに区分されますが、その多くは軸性近視と診断され、眼軸が伸展することによりおこるとされています。眼軸長が伸びる

【国立大学法人千葉大学】 指定難病「重症筋無力症」の予後予測に有用なマーカーを発見〜治療の最適化による副作用軽減・生活の質改善に期待〜

(注2)ステロイド:ステロイドは本来、副腎皮質で産生されるホルモンの一種であり、生体内に不可欠な機能を有しています。薬剤としては炎症やアレルギー反応を抑える効果があり、重症筋無力症、膠原病などの自己免疫疾患、アレルギー性疾患の治療薬として幅広く用いられています。服用方法、服用量や服用期間によって、感染症、骨粗鬆症、糖尿病、消化管潰瘍、白内障など様々な副作用をきたすことがあり注意を要します。

新型コロナで下痢や嘔吐の緊急入院7割減(GHC調査)

 これについて今回のデータ分析を担当したGHC創業者で国際医療経済学者のアキよしかわは、「患者数の減少要因は2つあります。1つは供給側の理由。コロナ患者治療に医療資源を集中させるため、受診抑制や病棟閉鎖、白内障など「待てる」予定手術・検査の延期などです。ただ、より重要なのはもう一つの需要側の要因です」と指摘します。

【窪田製薬ホールディングス株式会社】 メガネのいらない世界をつくる「クボタメガネ」プロトタイプの開発進捗状況と今後の開発計画に関するお知らせ

 近視は、2050年には、世界の約半数の人が陥ると予測されている疾患です(*1)。特に、日本を含む、中国、香港、台湾、韓国、シンガポールといったアジア諸国で近視が急激に増加しており、ソウルでは、19歳の男性の96.5%が近視というデータも示されています(*2)。また、2019年3月に文部科学省が発表した学校保健統計調査に よると、小学生〜高校生の裸眼視力における1.0以上の割合が過去最低になったと発表されています(*3)。近視の進行によ り、緑内障視野障害、白内障、網膜剥離、黄斑変性などの疾患を合併するリスクが高まることも知られており(*4)、 強度近視患者の増加は、大きな社会課題の一つですが、未だ本邦で薬事承認を受けた治療法はありません。近視は、屈折性近視、軸性近視、偽近視、核性近視などに区分されますが、その多くは軸性近視と診断され、眼軸が伸展することによりおこるとされています。眼軸長が

世界の医療用レーザーシステム市場ー製品別(ダイオード、ソリッドステート、ガスおよび色素レーザー)、アプリケーション別、エンドユーザー別および地域予測2020-2027年

2018年6月にJournalof Global Healthに掲載された「システマティックレビューとメタアナリシス」によると、白内障の有病率は45〜49歳の人々の6.71%から男性の85〜89歳の高齢者の73.01%の範囲でした。審美的な魅力の増加は、医療用レーザー市場の成長を牽引すると予測されます。

【Kenneth Research】 世界の医薬品小売市場-タイプ別(独立/スタンドアロン、組織化されたチェーン、その他)、地域別(北米、ヨーロッパ、APAC、ROW)、国別、市場シェア、ー機会と予測(2018-2023年)

高齢者人口の増加率は、世界の医薬品小売市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、2018-2023年予測期間中に世界の世界の医薬品小売市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

世界の消化管内視鏡検査装置市場:製品タイプ別 (止血装置、カプセル内視鏡、G.I ビデオスコープ、生検装置、ERCP 装置)、エンドユーザー別 -予測2030年

高齢者人口の増加率は、世界の消化管内視鏡検査装置市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。

世界のフィルター針市場規模調査ー原材料別(ステンレス鋼およびガラス)、最終用途別(病院、診療所、外来手術センターなど)および地域別ー予測2020-2027年

高齢者人口の増加率は、世界のフィルター針市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、2020-2027年予測期間中に世界の世界のフィルター針市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

【Kenneth Research】 世界の心不全薬市場―予測期間中に9.1%のCAGRで成長すると予測

高齢者人口の増加率は、世界の心不全薬市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。これらの統計は、老後の介護施設や在宅介護施設の大きな需要を促進すると予測されています。これはさらに、予測期間中に世界のXYZ市場で最大な成長機会を提供すると推定されています。

OUI Inc.のSmart Eye Camera がCEマーキング

世界の失明原因第一位は白内障です。白内障は適切な時期に治療をすれば失明に至らない可能性が高いにもかかわらず、発展途上国においては白内障による失明が社会問題となっています。SECはiPhoneに取り付けて使用する小型な医療機器であるため、電気のない地域や被災地など場所を選ばず眼科診察を可能にします。

OUI Inc.がギニア共和国での眼科遠隔診療モデルのパイロット検証に向けた検討開始

世界の失明原因第一位は白内障です。白内障は適切な時期に治療をすれば失明に至らない可能性が高いにもかかわらず、発展途上国においては白内障による失明が社会問題となっています。SECはiPhoneに取り付けて使用する小型な医療機器であるため、電気のない地域や被災地など場所を選ばず眼科診察を可能にします。

【日本アルコン株式会社】 日本アルコン、眼科海外フェローシップ支援プログラム「Alcon Japan Award 2021」受賞者発表

アルコンは、人々に素晴らしい視界がもたらされるよう貢献します。アイケアのグローバルリーダーであるアルコンは世界で70年以上、最も広範な製品を提供し、より良い視界・視力と人々の生活の質の向上に寄与してきました。当社のサージカル製品とビジョンケア製品は、世界中140カ国で、年間合計2億6千万人以上もの白内障、緑内障、網膜疾患や屈折異常に悩む人々の治療に役立てられています。世界で2万人以上の従業員が、革新的な製品、アイケア専門家とのパートナーシップ、質の高い眼科治療へのアクセスを高めるためのプログラムを通じて、人々の生活の質の向上に努めています。アルコンの日本法人である日本アルコンは、1973年の設立以来45年以上にわたり、日本のお客様や患者様にアイケア製品を提供してきました。詳細はhttps://www.alcon.co.jp/をご覧ください。

カルボプラチン市場ー適応症別 (卵巣癌、小細胞肺癌など) および地域別 (北米、ヨーロッパ、アジア太平洋およびその他) – 分析、シェア、トレンド、サイズ、および予測2022-2030年

それらの中で、卵巣癌は、予測期間中に世界のカルボプラチン市場を支配します。多くの医師が手術や放射線療法よりも化学療法を好むため、卵巣癌の再発率の増加はカルボプラチンの市場を後押しすると予想されます。高齢者人口の増加率は、カルボプラチン市場の成長に貢献するもう一つの重要な要因です。高齢者は関節炎、白内障、ガン、認知症、CVDなどの健康問題を起こしやすく、継続的な医療が必要であり、高齢者医療施設への需要が高まっています。さらに、カルボプラチンは、高齢患者において、同等のカルボプラチンと比較して耐容性が高く、これにより、研究期間中のカルボプラチンの市場が拡大する可能性があります。W.H.O.によると、60歳以上の世界の高齢者人口は、2015年の9億人から、2050年までに20億人に達すると推定されています。

新型コロナで下痢や嘔吐の緊急入院7割減(GHC調査)

 これについて今回のデータ分析を担当したGHC創業者で国際医療経済学者のアキよしかわは、「患者数の減少要因は2つあります。1つは供給側の理由。コロナ患者治療に医療資源を集中させるため、受診抑制や病棟閉鎖、白内障など「待てる」予定手術・検査の延期などです。ただ、より重要なのはもう一つの需要側の要因です」と指摘します。

【一般社団法人健康長寿】 【実は危険!?】眼科医の7割以上が「ブルーライトカット眼鏡は子どもの発育に悪影響を及ぼす可能性がある」と回答!その理由とは…?

「視力が低下したままでいると起きる可能性のある目の疾患を教えてください(複数回答可)」と質問したところ、『白内障(37.4%)』と回答した方が最も多く、次いで『急性緑内障発作(34.6%)』『網膜静脈閉塞(31.9%)』『黄斑変性症(29.5%)』『網膜剥離(25.5%)』『ぶどう膜炎(10.1%)』と続きました。

【Black Card I 株式会社】 ラグジュアリーカードが発行する会員誌 「LUXURY MAGAZINE(ラグジュアリーマガジン)」秋・冬号を発表!

ラグジュアリーマガジンの表紙には毎号、象徴的なアーティストの作品を採用しており、今号は、印象派の創設者として知られる名高い画家、クロード・モネの『睡蓮の池、バラ色の調和』(1900年、89x100センチ)が表紙のアートとして使われています。本作は、パリのオルセー美術館が所蔵している油彩画でモネの最も有名な作品の一つとしても知られており、緑・赤・青・黄のうねるような筆跡からは、植栽の豊かさと夕暮れ時の空気が伝わってきます。水面に写るのは、夕日に照らされたしだれ柳の枝。赤みがかった影に挟まれて睡蓮の群れが浮かび、そのすぐ上には構図を横切るように湾曲した橋が架かっています。人生後半の四半世紀、モネは庭という自分だけの世界に籠り、白内障による視力の衰えにもかかわらず、古典的な印象派の域を越え、抽象の境地まで到達しました。

世界の眼科手術室用顕微鏡市場規模調査ー構成別 (キャスター、ウォール マウント、テーブル トップなど)、アプリケーション別、エンド ユーザー別 および地域別ー予測 2022-2030年

2019 年に北米で行われた米国眼科学会の調査によると、約 2,440 万人が白内障に罹患しており、これは 2030 年までに 3,870 万人に達すると推定されています。しかし、製造およびメンテナンスの高いコストと関税の増加により、医療機器の輸入が制限され、2022ー 2030 年の予測期間中に市場の成長が妨げられます。また、病気の蔓延、眼科の研究開発への多額の投資の増加、眼科イメージングの進化と、進化 眼科手術室用顕微鏡の採用と需要の高まりなど要因は、予測期間中に市場の成長を促進すると予測されます。

【株式会社メガネスーパー】 日本初!失明リスクと眼に特化した眼病遺伝子検査キットを5月14日(金)からビジョナリーホールディングス全店舗及びECサイトにて販売開始

今回販売する検査キットでは頬の細胞を摂取し、DNA情報をもとに遺伝的要因・環境的要因から19の疾病リスクを測定いたします。疾病の発症リスクを測定・可視化し、日頃からの正しいアイケアを行うことで、発症リスクと失明という状態を回避し、大切な眼の健康寿命を延伸することが可能です。例えば、本検査でリスクを測定できる眼病の一つである緑内障は、日本人の中途失明原因第一位であり、日本では40歳以上では5%の有病率で、17人に1人の身近な病気です(※3)。白内障は、主な要因は加齢であるといわれておりますが、発症率は50代で40%以上、60代では70%以上、80代ではほぼ100%といわれており(※4)、早期発見による適切なアイケアが、眼の健康寿命の延伸に寄与します。

【ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー】 10月10日【目の愛護デー】世界6カ国で初めて実施した「目の健康に関する意識調査」の結果を発表 日本では2人に1人が2年以上眼科検査していないと回答

クリアな視界で、自分らしく生きる人々を応援するコンタクトレンズブランド「アキュビュー(R) 」を提供するジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 ビジョンケア カンパニー(本社:東京都千代田区 代表取締役プレジデント:森村 純)は、10月10日の「目の愛護デー」に先駆けて、ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンが世界6カ国を対象に初めて実施した「目の健康に関する意識調査」に基づき、日本における目の健康に対する意識や近視、白内障などの疾患への理解に関する調査結果を発表しました。

新型コロナで3大がんの症例減が加速

 一方、緊急性のない「予定入院」で最も患者数が多い白内障等は、同32.0%減で減少幅は同18.8ポイント縮小。次いで患者数が多い狭心症等は、同29.9%減で減少幅は15.6ポイント縮小しています。救急車などで搬送される「緊急入院」で最も患者数が多い肺炎は、51.7%減で減少幅は2.5ポイント縮小。前月の減少幅が大きかった下痢や嘔吐などの症状を伴うウイルス性腸炎は、同54.9%で減少幅は17.6ポイントの縮小で、かぜなどの急性気管支炎等も、同86.5%で減少幅は1.5ポイント縮小で、回復あるいは底を打った感があります。

【国立大学法人千葉大学】 世界初、遺伝性早老症ウェルナー症候群の診療ガイドラインを英文で発表

 ウェルナー(Werner)症候群は、20歳代から白髪、脱毛、両目の白内障がおき、手足の筋肉や皮膚もやせて固くなり、急速に老化が進んでいくようにみえることから、「早く老いる」病気=早老症のひとつといわれています。国内の推定患者数は推計700名から2000名、世界の報告の6割を日本人が占める、日本に多い病気です。1996年にウェルナー症候群の原因遺伝子は同定されましたが、その早老機序は十分には明らかになっておらず、根本的な治療法はまだありません。

【Prudour Private Limited】 眼内レンズの市場規模は、2028年までに4871.6百万米ドルを超えると予測されています|| 5.60%のCAGR

は、眼内レンズは人工レンズの合成材料シリコーン、親水性や疎水性アクリレート、РММАその他の材料とは注目に入時の白内障手術の患者を取り戻すには通常のビジョンです。 歴史的には、最初の眼内レンズに発見された硬質レンズのポリメタクリル酸メチル(РММА). これらのレンズは折りたたみが比較的大きな切開する埋め込み、患者の。 しかし、新技術の眼内レンズのフレキシブル材料のようなシリコーンやアクリレートが可能にない特徴を有し、従来のРММАの眼内レンズです。 のグローバル市場では、眼内レンズは、成長が見込まれ、堅調なペースの予想期間により、普及の障害および改善の医療インフラです。

【100BANCH】 秋田県産のお野菜専門の卸『ゴロクヤ市場』が高齢の農家が使いやすい受発注システム『イージー』を発表 システムの開発費用を募るクラウドファンディングも締め切り間近

『イージー』は、白内障を伴う人でも識別できる白黒はっきりしたデザインや、キーボードが打てない人でも文字入力ができる手書き認証システムを導入し、身体的老化を感じる農家さんでも使えるシステム。また、農家が自分の収益を逆算し作付面積を決められるよう、自ら育てた野菜に対して自ら値付けができる仕組みになっています。

【そーせいグループ株式会社】 Formosa社より2.5百万米ドルのマイルストンを受領

当社グループは、Formosa Pharmaceuticals, Inc.(以下「Formosa社」)が、米国においてAPP13007について370名の白内障手術後の眼内炎および疼痛患者を対象とした無作為化第III相臨床試験を開始しましたので、お知らせいたします(ClinicalTrials.gov 認識番号: NCT04739709)。APP13007は、ステロイドのナノ粒子製剤であり、術後眼炎疼痛治療薬として開発が進められています。今回の進捗により、当社グループはFormosa社より2.5百万米ドル(約271百万円[1])のマイルストンを受領することとなります。

【SDKI Inc.】 獣医の目のケア(アイケア)市場ータイプ別(アイケア製品およびアイケアサービス)、適応症別、アプリケーション別、および地域別ー成長、傾向、および予測(2022ー2030年)

獣医の目のケア市場は、タイプ別(アイケア製品およびサービス)、適応症別(眼表面障害、緑内障、白内障、感染症など)、アプリケーション別(犬、猫など)、および地域別に分割されます。これらのセグメントは、さまざまな要因に基づいてさらにサブセグメント化され、各セグメントおよびサブセグメントの複合年間成長率、評価期間の市場価値およびボリュームなど、市場に関するいくつかの追加情報で構成されます。

【株式会社ニコン・エシロール】 この夏注意すべきは「紫外線、ブルーライト、まぶしさ」から成る“光ストレス”!? ”Withコロナ時代の夏を快適に過ごすアイケア方法を眼科医がご紹介

また症状にもよりますが、紫外線が原因として知られている白内障の発症者は60代以上がほとんどです。加齢黄斑変性や緑内障といった症状も主には60代以上の患者さんが多いです。

【株式会社ニコン・エシロール】 【イベントレポート】ニコンメガネ南青山店メディア向け内覧会を実施

まず、「光ストレス」を構成する紫外線・ブルーライト・まぶしさが目に与える影響について解説をしました。『紫外線は眼に入ると炎症を起こし、紫外線角膜炎の原因になったり、ダメージの蓄積によって白内障を引き起こすことが報告されています。ブルーライトは紫外線と異なり、眼に見える光(=可視光線)であり、夜間に浴びると睡眠障害を起こすことが報告されています。また、眼の網膜まで届く光であるため、黄斑変性症の原因になるのではないかと考えられています。(後述資料1.参照)』と述べ、『さらに、緊急事態宣言下では在宅勤務・自宅学習の導入によりオンライン会議やオンライン授業、TVの視聴時間が増加し、宣言解除後のWithコロナ時代も、デジタル化が進んでいるようで、視力の低下・近視の進行・眼精疲労などを訴える患者が増加しております。Withコロナ時代では、より一層アイケアが重要になってきます。その対策として最も簡単なも

Zoff、小学生とビジネスパーソンを対象にブルーライトに関する対照実験を実施 「ブルーライトカットメガネの着用によって目のや乾きが軽減されたと感じる傾向にあることが明らかに」

眼科専門医。「医療法人社団康梓会Y'sサイエンスクリニック広尾」理事長。過去、大阪大学大学院医学系研究科および米国フロリダ州マイアミ・オキュラーサーフェスセンターにて眼表面および間葉系細胞の幹細胞研究に携わり、実際の細胞培養の経験まである再生医療のスペシャリスト。現在は、主に大阪で難治性白内障手術や網膜硝子体手術等に取り組む傍ら、眼科の領域にとどまらず、東京では肌再生療法や脂肪幹細胞療法、免疫療法も手掛ける。また、メディアにおいても活躍中。