配色:                          文字サイズ: 

【勝つのはどっちだ!?】世界のどこかにある謎のコロシアム。そこではさまざまなモンスターたちが、人生をかけたバトルを繰り広げている! 新しい児童書シリーズ『はくねつ!モンスターバトル』発売!

『モンスターバトル』の総支配人「ミスターB」。彼はこの物語の案内人としてストーリーを進行するだけでなく、なぜかそれぞれのモンスターたちのドラマの中にもこっそりと姿を現します。

【ロイヤルパークホテル】夏限定スイーツ&パンで贅沢おうち時間「夏のグラス商品&マンスリーブレッド」登場。

ロイヤルパークホテル(所在地:東京都中央区日本橋蛎殻町2-1-1、総支配人:笹井 高志)では、2020年7月1日(水)〜8月31日(月)までの期間限定で、1階 スイーツ&ベーカリー「粋」にて、ひんやり冷たいグラスデザート「夏のグラス商品」を発売いたします。また、7月・8月のマンスリーブレッドとして、ネギや大葉を使用した変わり種のおかずパンなどを販売するほか、2020年7月1日(水)〜7月7日(火)の期間には、七夕のイラストが描かれた「七夕ふわテラ」もご提供します。

【株式会社プリンスホテル】 【グランドプリンスホテル広島】広島を「食」で応援・元気に!地産食材を使用した新しいスイーツブッフェスタイルを提案する「いちごスイーツコース」や広島食材を使用した和洋中折衷「ディナーコース」を販売

空と海に囲まれたリゾート「グランドプリンスホテル広島」(所在地:広島市南区元宇品町23-1総支配人:平瀬 春男)では、2020年7月1日(水)より広島県産の地産食材を使用した新しいレストランメニューを提供いたします。地産食材を使用することで広島の生産者の方々を応援するとともに、地元食材の魅力をお客さまへ知っていただく機会としてメニューを考案いたしました。

【株式会社ホテルマネージメントジャパン】 【オリエンタルホテル福岡 博多ステーション】風味豊かな“抹茶“を使用した贅沢なスイーツで至福のひと時を「抹茶スイーツオーダーバイキング」を開催

オリエンタルホテル福岡 博多ステーション(所在地:福岡市博多区博多駅中央街4-23 / 総支配人:田中 誠二)では、2020年7月18日(土)〜7月20日(月)の3日間限定で”抹茶スイーツオーダーバイキング”を開催いたします。

【株式会社ホテルマネージメントジャパン】 営業再開と「新しい生活様式」に合わせた取り組みのお知らせ

オリエンタルホテル 東京ベイ(千葉県浦安市 総支配人/森山 真也)は、新型コロナウイルス感染症拡大の状況を踏まえ、お客様と従業員の安心と安全を考慮し、一時的に休館としておりましたが、2020年7月10日(金)11:00より営業を再開いたします。

【ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄】 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄、 レストランやマリンアクティビティが最大25%オフになる、沖縄旅行応援!「元気になる特典」を7月3日(金) 〜 9月30日(水)に提供

 ハイアット リージェンシー 瀬良垣アイランド 沖縄(総支配人:村尾 茂樹)は、2020年7月3日(金)〜 9月30日(水)の期間中、“休むから、人はまた、がんばれる。”をテーマに、マリンアクティビティやレストランメニューが最大25%オフになる沖縄旅行応援!「元気になる特典」を提供いたします。海に囲まれた沖縄・瀬良垣島でおだやかなひとときを過ごしていただき、元気をチャージし、明日への活力にしていただきたいという思いを込めた特典の数々です。

【新横浜プリンスホテル】ホテル最上階で優雅な「ヌン活」地上150mの天空のアフタヌーンティー「Peach&Mango Afternoon Tea」を販売

新横浜プリンスホテル(所在地:横浜市港北区新横浜3-4 総支配人:武田 昌人)では、地上約150mからの眺望が楽しめる42階最上階「トップ オブ ヨコハマ バーラウンジ」で、天空のアフタヌーンティー「Peach&Mango Afternoon Tea」を2020年7月4日(土)より8月30日(日)まで販売いたします。

ハレクラニ沖縄「A Timeless Wedding」の予約受け付けを7月1日(水)より開始

 ハレクラニ沖縄(所在地:沖縄県国頭郡恩納村眞嘉真1967-1 総支配人:吉江 潤)では、開業前より多くのお問い合わせ、ご要望をいただいておりましたウエディングのご予約を、2020年7月1日(水)午前10:00より受け付け開始いたしますのでご案内申し上げます(ウエディングは2020年10月1日(木)より開始いたします)。

【グランドプリンスホテル広島】安全・安心「近場」で伝える感謝のかたち 記念日旅を提案する宿泊プランや労い・ご褒美個室プランを販売 

空と海に囲まれたリゾート「グランドプリンスホテル広島」(所在地:広島市南区元宇品町23-1総支配人:平瀬 春男)では、2020年7月1日(水)よりスイートルームやレストラン・宴会場個室等のプライベート空間で、少人数でゆったりお過ごしいただける特別プランを販売いたします。

品川駅直結、ホテルメイドの味をオフィスやご自宅でお気軽に!テイクアウトメニュー「ストリングス TO GO」を7月1日より販売

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(所在地:東京都港区港南 総支配人:秋間 友)では、2020年7月1日(水)より、ご自宅やオフィスでホテルの味をお楽しみいただける、予約制のテイクアウトメニュー「ストリングスTO GO」を販売いたします。

高さ27mの吹抜け、ゆったり涼空間でお肉づくしの料理&フリーフロー「ミート(MEAT)・ザ・サマー」を7月7日より提供

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル(所在地:東京都港区港南 総支配人:秋間 友)26階、イタリアングリル「メロディア」では、2020年7月7日(火)から8月31日(月)まで、お肉づくしのお料理にフリーフローがセットになった、期間限定オファー「ミート(MEAT)・ザ・サマー」を提供いたします。梅雨も明け、本格的な夏を迎えるこの時期、様々なお肉料理で暑気払いやエネルギーチャージをしていただけるよう、端正でオーセンティックな旨味溢れるイタリアングリルのスピエディーニ(串焼き)をはじめ、自家製ソーセージのグリルやコールドカットなど、ボリューム満点の美味しくパワフルなコースをご用意しました。スパークリングワインやクラフトビール、イタリアのカクテル“アペロールスプリッツ”などのフリーフロードリンクとご一緒にどうぞ。天井高27メートルを誇る吹抜けの開放感あふれる美空間では、ゆったりとした席間隔

【ザ・リッツ・カールトン大阪】ご自宅でホテルシェフの味をお楽しみいただける『DIY(Do It Yourself)料理セット』を6月26日(金)より販売開始

 ザ・リッツ・カールトン大阪(所在地:大阪市北区梅田2-5-25 総支配人:マーク・ノイコム)は、ご自宅に居ながらにしてホテルシェフの一流のお料理を簡単に再現することが可能な 『DIY(Do It Yourself)料理セット』 のご予約受付を2020年6月26日(金)より開始いたします。初回のラインアップは、ミシュラン一つ星レストランとして知られるフランス料理「ラ・べ」のコースメニューと、ペストリーシェフ特製のショートケーキの2種類です。

【ザ・キャピトルホテル 東急】サマースイーツ「夏の贈りもの」

ザ・キャピトルホテル 東急(千代田区永田町、総支配人:末吉 孝弘)では、地下2階のペストリーブティック「ORIGAMI」にて、2020年7月1日(水)から8月31日(月)まで夏季限定のスイーツを取り揃え、皆さまをお迎えいたします。果物を使った夏のケーキは、新作を含む3種類をラインアップ。毎年ご好評いただいているちんすこうクッキーやチーズスフレ ロールケーキのほか、8月にはシャインマスカットを用いたロールケーキが新たに登場いたします。お世話になった方への贈りものや、ご家庭でお楽しみいただけるお土産としてなど、さまざまなシーンでお役立ていただけるギフトです。

【株式会社プリンスホテル】 【サンシャインシティプリンスホテル】新たな提供スタイルやサービスを取り入れ、「ココ・スタイル メロンスイーツ」を再会(スタート)

サンシャインシティプリンスホテル(所在地:東京都豊島区東池袋3‐1‐5、総支配人:高橋 禎久)では、新型コロナウイルス感染症感染拡大防止のため2020年4月30日(木)より全館臨時休業をしておりましたが、2020年7月1日(水)より一部レストランを除き、営業を再開させていただきます。

軽井沢マリオットホテル 彩り豊かなフルーツや野菜が並ぶ、旬を迎える食材の瑞々しさをイメージしたアフタヌーンティー「Juicy Bounty」を発売

軽井沢マリオットホテル(長野県北佐久郡軽井沢町、総支配人:阿良山 伸昭)では、2020年7月1日(水)〜9月30日(水)の期間、信州の夏の瑞々しさが満ち溢れたアフタヌーンティーをレストラン「Grill & Dining G(グリル & ダイニング ジー)」にて提供いたします。

【リーガロイヤルホテル広島】《広島県民限定》旅行意欲を刺激!今だからこそ“ステイケーション”がキーワード。リフレッシュや自分へのご褒美に『広島応援エグゼクティブフロアステイ』

リーガロイヤルホテル広島(広島市中区基町/総支配人 田沼 直之)では、2020年3月の創業65周年を機にリニューアルした30・31階のエグゼクティブフロアをお得に宿泊できる広島県民限定プラン『広島応援エグゼクティブフロアステイ』を8月30日(月)まで販売しています。

【株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ】 【ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8】7月1日より営業再開 感謝を込めて 7・8月宿泊者生ビール無料&お得な宿泊プランも

ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8 (読み方:ギンザエイト)(東京都中央区銀座8-9-4、総支配人 関寛子)では、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大防止のため休館しておりましたが、お客様に安心してご利用いただけますよう、安全衛生対策を強化し、2020年7月1日(水)より段階的に営業を再開いたします。

AKB48/AKB48ヤングメンバー全国ツアー/春の単独コンサート in さいたまスーパーアリーナ AKB48ヤングメンバー全国ツアー~未来は今から作られる~/AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~ 【ブルーレイ

2015年春に開催したAKB48ヤングメンバー全国ツアー初日&AKB48春の単独コンサートがWパッケージでDVD&Blu-ray化! 舞台裏を収録したメイキングや特典映像も加えたディスク4枚組で登場!! ■ Disc-1[AKB48ヤングメンバー全国ツアー~未来は今から作られる~] 2015年12月に10周年を迎えるAKB48にとって、未来を担うヤングメンバーの躍進が期待されるコンサートツアーの幕開けとなった。 いつも背中を追いかけてきた先輩達がいない初のコンサート、若さ溢れるエネルギッシュなパフォーマンスでファンを魅了した。 アンコール後のMCでは新ユニット「でんでんむChu!」のサプライズ発表が行われ、大和田南那、向井地美音、村山彩希、田中美久、矢吹奈子、川本紗矢、谷口めぐの7名が選出。 嬉し涙と笑顔でツアー初日のコンサートを締め括った。 ■ Disc-2 - Disc-3[AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~] オープニングはEDM(エレクトリック・ダンス・ミュージック)に乗せてDJ小嶋陽菜が登場! さいたまスーパーアリーナが巨大クラブと化し、「フライングゲット」などのEDMアレンジバージョンで序盤からボルテージは最高潮に。 中盤、チーム毎での楽曲披露ではチーム8に初のサプライズ発表が。中野郁海や坂口渚沙など10名がチーム8新ユニットに選出された。 アンコールでは40thシングル「僕たちは戦わない」の初披露も終え、無事に終演を迎えるかに見えたが、突如ステージ上にAKB48総支配人が登場し「AKB48春の人事異動」を発表。 各グループ間の兼任や新たなチーム編成、北原里英がNGT48キャプテンとして移籍、川栄李奈の卒業発表には会場から大きなどよめきが起こった。 ■ Disc-4 ・Making of AKB48ヤングメンバー全国ツアー~未来は今から作られる~ ・Making of AKB48春の単独コンサート~ジキソー未だ修行中!~ ・特典映像 特典映像は、須田亜香里/松村香織/谷真理佳/北川綾巴/田島芽瑠/矢吹奈子/田中美久がカメラ&リポーターを担当したヤングメンバーコンサート舞台裏潜入取材! リポーターがメンバーだとついつい本音が!?メンバーの素の表情が垣間見れ、いつもとは違った一面も? 【封入特典】 ■ブックレット(20P) ■生写真3枚(ランダム封入)詳細はこちら

2006 シャトー・タルボ (CH. TALBOT) / 赤ワイン 750ml

タルボはヴィンテージに左右されない安定感とひかえめな価格で、長年のボルドーファンからの高い支持を得ています。特にクラシックなボルドースタイルがお好みの方におすすめしたいシャトーです。「このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティな、フルボディのワインを生産しており、メドックのワインの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していいだろう。」(『ボルドー第4版』より)ちなみにこのシャトーが生産している白ワイン「カイユ・ブラン・ド・シャトー・タルボ(CaillouBlancduCh. Talbot)」も有名です。「乾燥した年にタルボはその本領を発揮するのですが、2006年はまさにそれ。ヴォリューム豊かで深見と複雑性があるでしょう。古木の根が水を求めてさらに下へ下へと根を伸ばす。その結果、テロワールの豊かな滋味を吸い上げるのです」と総支配人のジャン・ピエール・マルティ氏。※画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。【ワインスペクテイター誌91点獲得!】詳細はこちら

ワイン 2016 シャトー・オー・バイィ / シャトー・オー・バイィ ◎(Chateau HAUT BAILLY PESSAC LEOGNAN ROUGE 2016 ◎) フランス 赤 フルボディ 750ml

パーカーポイント98点獲得。長く芳香を感じるエレガンス溢れる滋味深い味わい。 パーカーポイント98点獲得。キルシュ、カシス、野生のブルーベリーの核を覆うようにスミレの花、ラベンダー、土、そして砕いた岩の香りがします。フルボディのコクがあり魅力的な、赤や黒、青の果実に土やミネラルの風味がかすかに混じった味わいで、長く芳香を感じるエレガンス溢れる滋味深い味わい。グラーブ地区のペサック・レオニャン村にあるシャトー・オー・バイィは、1955年以来サンドル家が所有しており、1982年以降急激に評価を高めています。1998年にハーバード大卒の銀行家ロバート・G・ウィルメール氏が所有者となり、セラーを刷新しオー・バイィの精度を更に高めました。近年は、以前まで積極的に評価してこなかったパーカー氏も、「最高のヴィンテージにおいては格別にエレガントである。」と高く評価。さらに2009年ヴィンテージがワイン・アドヴォケイト誌でシャトー史上初の100点を獲得し、グラーヴの格付けにおいても、わずか16シャトーしかない偉大な格付けシャトーのひとつとなっています。現在はカリフォルニア大学のサンタ・クルーズ校でエコロジーを研究してきた息子クリス氏と総支配人のヴェロニク・サンデルス女史がシャトーを引き継いでいます。シャトー・オー・バイィは、周辺で最も高い丘の頂にあり、日当たりがよく水はけも優れているという、この上ない立地 。特筆すべきは、全体の15%のブドウ樹が約樹齢100年という古樹であること。さらにそれらはフィロキセラの害を免れた、アメリカ産の台木に接木していない純粋なフランス産の木だというのだから驚きです。またブドウの栽培において、剪定のマスターと呼ばれるイタリア人のマッシモ・ギウダッチ氏をコンサルタントとして招聘し、グイヨ・プサールという古い剪定法を採用し、樹液の循環を高めています。醸造においても、最新の技術を取り入れており、「ALIEN」と呼ばれる選果機のプロトタイプを導入。こちらは、「オートマティック・ライン・インターセプト・エレメンツ・ネガティブ」の略で、台上のブドウを撮影し、未熟な粒を吸い上げるシステムです。徹底した選果を行うことで最終的なワインの品質を高めています。熟成には新樽を50%程度用い、また瓶詰めの際に濾過処理を全く行いません。こうして造られるワインの特徴は、ブルゴーニュワインのような優しいテクスチャー。近年流行りの凝縮感を強く打ち出すモダンな造りと相反する、ナチュラル感と滋味深い味わいが特徴的です。 画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。 フランス ボルドー グラーヴ詳細はこちら

2006 CH.タルボ (CH. TALBOT) / 赤ワイン 750ml

タルボはヴィンテージに左右されない安定感とひかえめな価格で、長年のボルドーファンからの高い支持を得ています。特にクラシックなボルドースタイルがお好みの方におすすめしたいシャトーです。「このシャトーはコルディエ家の管理のもと、一貫して上質な、たくましい、それでいてフルーティな、フルボディのワインを生産しており、メドックのワインの格付けが新しくなることがあったら当然昇格していいだろう。」(『ボルドー第4版』より)ちなみにこのシャトーが生産している白ワイン「カイユ・ブラン・ド・シャトー・タルボ(CaillouBlancduCh. Talbot)」も有名です。「乾燥した年にタルボはその本領を発揮するのですが、2006年はまさにそれ。ヴォリューム豊かで深見と複雑性があるでしょう。古木の根が水を求めてさらに下へ下へと根を伸ばす。その結果、テロワールの豊かな滋味を吸い上げるのです」と総支配人のジャン・ピエール・マルティ氏。※画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。【ワインスペクテイター誌91点獲得!】詳細はこちら

2015 シャトー・コス・デストゥルネル・ブラン (CH. COSD`ESTOURNELBLANC) / 白ワイン 750ml

生産量僅か7,000本の希少な白ワイン。飛躍し続けるスーパーセカンドの筆頭シャトーが手掛ける、フレッシュな酸、活力のあるミネラルが魅力的な1本。メドック格付け第二級格付け二級シャトーの中でも特に素晴らしい品質を持つワイン、スーパーセカンド。その中でも常に高い評価を受けているのが、このシャトー・コス・デストゥルネルです。エチケットはシャトーの外観を写したもので、アジア風のパゴダのような美しいシャトー。サン・テステフとポイヤックとの村境にあり、すぐ北隣には、なんとあの格付け第一級のシャトー・ラフィットが位置しています。飲む者に喜びを与える、ゴージャスなスタイルが特徴で、どのヴィンテージでも独特の個性を持った高い品質のワインが造られています。赤ワインに加え、2005年から、極少量のみ生産されているのが、こちらの白ワイン。コス・デストゥルネル・ブラン用の畑はわずか2.3haほどで、畑の広さで言えば、赤の27分の1という小さい面積です。畑はメドックの北部のジロンド河の河口近くにあり大西洋まであと17.6kmの場所。この河口は驚くべきことに幅が12km以上もあり、これにより夏は涼しく冬と春は暖かなブドウ栽培に適した気候が生まれます。土壌は粘土質のチョーク層と砂の混ざった地層の上に砂利が敷き詰められておりソーヴィニヨン・ブランとセミヨンの栽培にとって、まさに理想的な環境でブドウは育ちます。総支配人のジャン・ギヨーム・プラッツ氏は、「セカンドではなくファーストと同じ名前を付け、それに値するクオリティの白ワインを造る」と、この白ワインの品質に赤ワインと変わ詳細はこちら

ワイン 2012 シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ / シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(Chateau Leoville-Las Cases Saint-Julien 2012) フランス 赤 フルボディ 750ml

一級シャトーにも引けをとらない、スーパーセカンドの筆頭。 3つのレオヴィルの中で最も繊細と評される、洗練されたアロマと逞しさを備えたワイン。 メドック格付け第2級 サン・ジュリアン村に位置する3つの「レオヴィル」の一つ。ラス・カーズ、バルトン、ポワフェレの兄弟は、元々1つのシャトーだったものが、分割され、別々のオーナーの元で歴史を刻んできました。 19世紀末より、その約半分の面積の敷地を品質の向上に飽くなき追及心を持つディロン家が所有。現在はシャトーの唯一のオーナーであるジャン・ユベール・ディロン氏が総支配人として、シャトー・ポタンサック、シャトー・ネナンのオーナーとともに指揮を執っています。彼らが掲げているポリシーの一つは、フードフレンドリーであること。かけがえのない家族や友人と共有する時間の中で、食事とともに楽しんでもらいたいという想いが込められています。フレッシュかつ熟した果実のアロマや熟成の鍵となる酸のバランスには特に注意を払っているそう。ブドウ本来の香りを邪魔してはいけないが、洗練されたアロマへ仕立てるために新樽を用いて熟成させる事も大事。それらが絶妙に調和したのが、このシャトー・レオヴィル・ラスカーズのワインだと言えます。このレオヴィル・ラス・カーズは、「サン・ジュリアンの王」と言われ、その質の高さと、安定した造りで、一級シャトーにも引けを取らないスーパーセカンドの筆頭です。3つのレオヴィルの中で最も繊細と言われています。その理由は構造、豊かさ、奥深さ、フィネスが、これほどまでに完璧に近い形でつりあっている銘柄は稀有だからだと言えます。複雑で優美なサン・ジュリアン的スタイルというよりは、 むしろ隣のポイヤックのような厚みを感じるのが特徴。所有する畑はあのシャトー・ラトゥールに隣接し、グラン・アンクロの土壌や、ジロンド河のミクロ・クリマにより格付け1級シャトーに引けを取らないクオリティのワインを生み出しています。総面積は約97ha、土壌は主に砂利と粘土質、石が多く転がる土地。水分と栄養素の低いこの土壌では、秀逸なカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンが結実します。この比類無き素晴らしいテロワールが、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズのワインにその独特の個性と卓越したクオリティの高さを与えているのです。また彼らのワインで一層魅力を感じるのは、その一貫性。どんな年でも一定の高さを保った品質のワインを造っています。また良年ヴィンテージにはカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を上げるなどその年に造られる最高の品質のワインを生み出しているのです。土壌や伝統、テロワールを深く理解しているからこそ成し得るものであると言えます。 画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。 フランス ボルドー サン・ジュリアン詳細はこちら

ワイン 2016 シャトー・オー・バイィ / シャトー・オー・バイィ(Chateau HAUT BAILLY PESSAC LEOGNAN ROUGE 2016) フランス 赤 フルボディ 750ml

パーカーポイント98点獲得。長く芳香を感じるエレガンス溢れる滋味深い味わい。 パーカーポイント98点獲得。キルシュ、カシス、野生のブルーベリーの核を覆うようにスミレの花、ラベンダー、土、そして砕いた岩の香りがします。フルボディのコクがあり魅力的な、赤や黒、青の果実に土やミネラルの風味がかすかに混じった味わいで、長く芳香を感じるエレガンス溢れる滋味深い味わい。グラーブ地区のペサック・レオニャン村にあるシャトー・オー・バイィは、1955年以来サンドル家が所有しており、1982年以降急激に評価を高めています。1998年にハーバード大卒の銀行家ロバート・G・ウィルメール氏が所有者となり、セラーを刷新しオー・バイィの精度を更に高めました。近年は、以前まで積極的に評価してこなかったパーカー氏も、「最高のヴィンテージにおいては格別にエレガントである。」と高く評価。さらに2009年ヴィンテージがワイン・アドヴォケイト誌でシャトー史上初の100点を獲得し、グラーヴの格付けにおいても、わずか16シャトーしかない偉大な格付けシャトーのひとつとなっています。現在はカリフォルニア大学のサンタ・クルーズ校でエコロジーを研究してきた息子クリス氏と総支配人のヴェロニク・サンデルス女史がシャトーを引き継いでいます。シャトー・オー・バイィは、周辺で最も高い丘の頂にあり、日当たりがよく水はけも優れているという、この上ない立地 。特筆すべきは、全体の15%のブドウ樹が約樹齢100年という古樹であること。さらにそれらはフィロキセラの害を免れた、アメリカ産の台木に接木していない純粋なフランス産の木だというのだから驚きです。またブドウの栽培において、剪定のマスターと呼ばれるイタリア人のマッシモ・ギウダッチ氏をコンサルタントとして招聘し、グイヨ・プサールという古い剪定法を採用し、樹液の循環を高めています。醸造においても、最新の技術を取り入れており、「ALIEN」と呼ばれる選果機のプロトタイプを導入。こちらは、「オートマティック・ライン・インターセプト・エレメンツ・ネガティブ」の略で、台上のブドウを撮影し、未熟な粒を吸い上げるシステムです。徹底した選果を行うことで最終的なワインの品質を高めています。熟成には新樽を50%程度用い、また瓶詰めの際に濾過処理を全く行いません。こうして造られるワインの特徴は、ブルゴーニュワインのような優しいテクスチャー。近年流行りの凝縮感を強く打ち出すモダンな造りと相反する、ナチュラル感と滋味深い味わいが特徴的です。 画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。 フランス ボルドー グラーヴ詳細はこちら

ワイン 2014 シャトー レオヴィル ラス カーズ / シャトー・レオヴィル・ラス・カーズ(CH LEOVILLE LAS CASES ST. JULIEN 2014) フランス 赤 フルボディ 750ml

【お一人さま1点限り】パーカーポイント96点。メドック格付け第2級。スーパーセカンドの筆頭。 3つのレオヴィルの中で最も繊細と評、洗練されたアロマと逞しさを備えたワイン。 メドック格付け第2級 パーカーポイント96点。ブラックベリー、ブルーベリー、花やシトラスの香り。かすかに石や湿った土の香りが感じられます。フルボディで極度に洗練されたタンニンが非常に長くスムーズで、驚異的な余韻の長さを導きます。 サン・ジュリアン村に位置する3つの「レオヴィル」の一つ。ラス・カーズ、バルトン、ポワフェレの兄弟は、元々1つのシャトーだったものが、分割され、別々のオーナーの元で歴史を刻んできました。 19世紀末より、その約半分の面積の敷地を品質の向上に飽くなき追及心を持つディロン家が所有。現在はシャトーの唯一のオーナーであるジャン・ユベール・ディロン氏が総支配人として、シャトー・ポタンサック、シャトー・ネナンのオーナーとともに指揮を執っています。彼らが掲げているポリシーの一つは、フードフレンドリーであること。かけがえのない家族や友人と共有する時間の中で、食事とともに楽しんでもらいたいという想いが込められています。フレッシュかつ熟した果実のアロマや熟成の鍵となる酸のバランスには特に注意を払っているそう。ブドウ本来の香りを邪魔してはいけないが、洗練されたアロマへ仕立てるために新樽を用いて熟成させる事も大事。それらが絶妙に調和したのが、このシャトー・レオヴィル・ラスカーズのワインだと言えます。このレオヴィル・ラス・カーズは、「サン・ジュリアンの王」と言われ、その質の高さと、安定した造りで、一級シャトーにも引けを取らないスーパーセカンドの筆頭です。3つのレオヴィルの中で最も繊細と言われています。その理由は構造、豊かさ、奥深さ、フィネスが、これほどまでに完璧に近い形でつりあっている銘柄は稀有だからだと言えます。複雑で優美なサン・ジュリアン的スタイルというよりは、 むしろ隣のポイヤックのような厚みを感じるのが特徴。所有する畑はあのシャトー・ラトゥールに隣接し、グラン・アンクロの土壌や、ジロンド河のミクロ・クリマにより格付け1級シャトーに引けを取らないクオリティのワインを生み出しています。総面積は約97ha、土壌は主に砂利と粘土質、石が多く転がる土地。水分と栄養素の低いこの土壌では、秀逸なカベルネ・フランとカベルネ・ソーヴィニヨンが結実します。この比類無き素晴らしいテロワールが、シャトー・レオヴィル・ラス・カーズのワインにその独特の個性と卓越したクオリティの高さを与えているのです。また彼らのワインで一層魅力を感じるのは、その一貫性。どんな年でも一定の高さを保った品質のワインを造っています。また良年ヴィンテージにはカベルネ・ソーヴィニヨンの比率を上げるなどその年に造られる最高の品質のワインを生み出しているのです。土壌や伝統、テロワールを深く理解しているからこそ成し得るものであると言えます。 画像がヴィンテージと異なる場合がございます。ご了承下さい。 フランス ボルドー サン・ジュリアン詳細はこちら