配色:                          文字サイズ: 

【Hmcomm株式会社】 Hmcomm、犬の心雑音検知においてDSファーマアニマルヘルスとの実証実験を開始

近年、動物病院の売上は増加傾向にある中でペットの飼育頭数は減少傾向にあります。ペット1頭あたりにおける獣医療費用の高額化が進むことで、獣医療のより詳細な説明が求められています。そのことから、飼主に対する説明をシステム利用によって可視化し、高度な獣医療に対して飼主の理解をもって実施できるソリューション提供を行って参ります。

【株式会社ガーデンメーカー】 お庭をもっと愉しもう!”プチART×GARDENプロジェクト”始動

少子高齢化が進み、15歳以下人口より、犬・猫の飼育頭数が上回るなか、彼ら(彼女ら)の家族の一員としての位置付けがさらに高まってきています。そんな彼ら(彼女ら)がもっと喜び、家族が一緒に楽しめる庭のあり方を学生たちと一緒に考え、形にしていきます。

【マスク要らずの動物園!】あの有名なパンダファミリーに、おうちで会える夏!パンダ飼育数日本一の「アドベンチャーワールド」から、オンライン動物園を生中継!

アドベンチャーワールドは、6頭のジャイアントパンダを飼育しており、ジャイアントパンダの飼育頭数では日本一です。今回の「オンライン動物園」は、ジャイアントパンダのファミリーをじっくり観察できるのはもちろん、その生態や各メンバーのキャラクターについて、クイズなども交えながら楽しく学べることが特長です。

【株式会社シロップ】 人間も食べられるD2Cドッグフードブランド「PETOKOTO FOODS」、米国栄養学専門医による犬の栄養学ウィークを開催

日本では犬や猫の飼育頭数が約1,857万匹(※1)と15歳未満の子供の数を上回るほど、犬や猫とのライフスタイルがマジョリティとなり、1匹あたり年間平均支出額も犬で27.6万円、猫で15.8万円と10年間で約35%増加(※2)しています。この背景には「ペットの家族化」があり、室内飼いの割合が20年で20%増加していること、晩婚化や子どもなしの家族の多様化などが要因となっています。世界一のペット市場であるアメリカでは「Pet Humanization」と表現され、人間と同様のサービスやプロダクトが増加しています。

【株式会社 MonChien】 愛犬のための国産ALLオーガニック手作りごはん【愛犬を身体の中から健康に!!?】

2019年に発表された日本国内のわんちゃんの飼育頭数は879万7千頭。住宅事情や様々な理由による少子化により、都内に至っては、小学生以下のお子さんの数を、わんちゃんの飼育数が上回るというデータもあるほど、多くのわんちゃんが私たち人間と共に暮らしています。