配色:                          文字サイズ: 

Lee×SEEALL for URBAN RESEARCH

ジャケットは、Leeの代表的な91-Bの1940年代後半~1950年代前半のモデルをサンプリングし現代的にアップデート。年代の特徴である機能性を重視したクロップ丈をさらに強調し、オーバーサイズにすることでワークウェアからタウンウェアへ再解釈しています。ジップアップのウークウェアという特徴を踏襲しながらユニセックスとして使用可能なカラーレスタイプにしました。ハリ感のある太番手のコットンドリルの生地を採用し、ワークウェアらしさもありながら色をホワイトにしモダンな印象を加えています。

H&M、Science Story Collection(サイエンス・ストーリー・コレクション)の初披露と共に、新たなサステナビリティ・コンセプトを発表

ウィメンズウェアの主なアイテムとしては、取り外し可能な二重のウエストバンドがついた明るいホワイトのワイドジーンズや、大きな胸ポケット付きでややクロップ丈のチョークホワイトのシャツ、ウエスト部分に切り抜きを施したデザインのイエロージャケットなどを展開します。メンズウェアのアイテムでは コンテンポラリーなジョガーパンツに加え、クルーネックのTシャツやスウェットが登場します。

【株式会社サザビーリーグ】 フランク&アイリーンの新型シャツ「SILVIO」と「RORY」が初登場

前後差のついたクロップ丈がポイントの夏にぴったりのシャツで、ゆったりとしたボックスシルエットになっています。きれい目のワイドパンツや、デニムとも相性抜群でどんなスタイルにも合わせやすい着回しの効く一枚です。ストライブ柄の他にも白シャツをご用意しています。