77S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]

72S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]

67S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]

62S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]

58S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]

55S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]

52S PRO1D R-72

フィルムカメラを使っての赤外撮影は、数社から発売されていた赤外フィルムを使用しました。しかし、現在はごくわずかしか赤外フィルムが存在しません。現在主流のデジタル一眼レフでは、ローパスフィルターにより赤外線をカットしているものの、わずかながら赤外線を感光します。スローシャッターになりますが、肉眼と異なる明暗の赤外撮影を楽しむことができます。赤外撮影では露出の調整が大変難しいものですが、デジタルなら撮影画像を確認して調整、その場での再撮影が可能。デジタル一眼レフのメーカーや機種により、赤外の感光特性が異なるため、露出の調整など、実際に撮りながらコツをつかむ必要はありますが、より多くの方に赤外撮影を
[…続きを読む]