「リトゥンアフターワーズ」デザイナー・山縣良和が絵本『ぼくは0てん』を刊行

「リトゥンアフターワーズ」デザイナー・山縣良和が絵本『ぼくは0てん』を刊行 『ぼくは0てん』(絵・文 山縣良和)が朝日出版社より発売されました。 …………………………………………………………………………………………… 落ちこぼれの「ぼく」にだって そとの世界は、きっとある。 そもそも「点数」って、なんだろう? いつも「0 てん」ばかりとって、いじめられていた「ぼく」は、いいてんをとって認めてもらおうと必死にもがくけれど……世界も注目するブランド「リトゥンアフターワーズ」のファッションデザイナー・山縣良和が、故郷の鳥取へと帰る深夜バスの中でふと思いついた物語。 勉強もできず自信の持てなかった子供
[…続きを読む]

今年もやります!『プレバト!!』で大人気の夏井いつき先生が選者となった、第2回「おウチde俳句大賞」が11月30日から応募開始!

今年もやります!『プレバト!!』で大人気の夏井いつき先生が選者となった、第2回「おウチde俳句大賞」が11月30日から応募開始! …………………………………………………………………………………………… 株式会社朝日出版社は、第2回「おウチde俳句大賞」の作品募集を2019年11月30日(土)から2020年1月31日(金)まで行います。 第1回「おウチde俳句大賞」には、7歳から98歳まで24519句が寄せられました。5月1日に行われた授賞式では、各部門賞にノミネートされた6作品の中から、会場に集まった100人の参加者による鑑賞および多数決によって大賞が決定いたしました。 今年もまた、テレビ・バ
[…続きを読む]

2人のアーティストが「公」と「個」を手がかりに、現代アートと社会の行く末を考察する。「今」こそ読まれるべき、新しい公共(パブリック)論が9月下旬に刊行!

2人のアーティストが「公」と「個」を手がかりに、現代アートと社会の行く末を考察する。「今」こそ読まれるべき、新しい公共(パブリック)論が9月下旬に刊行! ウェブ版「美術手帖」での好評連載を全面改訂し、新たな論として書籍化。「あいちトリエンナーレ2019」の“公開”検閲・展示中止を受けた対談も急遽追加。 …………………………………………………………………………………………… 卯城竜太(Chim↑Pom)+松田修『公の時代 官民による巨大プロジェクトが相次ぎ、炎上やポリコレが広がる新時代。社会にアートが拡大するにつれ埋没してゆく「アーティスト」と、その先に消えゆく「個」の居場所を、二人の美術家がラ
[…続きを読む]

目指せ、殺処分ゼロ!猫の里親を見つけるステキな小学生の写真エッセイ集が発売。『坂上どうぶつ王国』などで話題沸騰!

目指せ、殺処分ゼロ!猫の里親を見つけるステキな小学生の写真エッセイ集が発売。『坂上どうぶつ王国』などで話題沸騰! …………………………………………………………………………………………… クラウドファンディングで設立した、保護猫シェルター「猫庭」の小学生館長による初の単行本、『猫庭ものがたり』が株式会社朝日出版社から刊行されました。  全国で1年間に殺処分される犬や猫の数はどのぐらいだと思いますか?  2018年11月に環境省から発表されたデータによると、2017年に自治体の保健所や動物愛護センターに引き取られた犬猫の数は10万631匹、そのうち4万3,227匹が殺処分されました。  自治体など
[…続きを読む]

又吉直樹×武田砂鉄 刊行記念トーク「違和感の居場所」を新宿・紀伊国屋ホールにて開催!

又吉直樹×武田砂鉄 刊行記念トーク「違和感の居場所」を新宿・紀伊国屋ホールにて開催! …………………………………………………………………………………………… 『往復書簡 無目的な思索の応答』刊行を記念してトークイベントを新宿・紀伊国屋ホールにて5月17日(金)に開催いたします。 「偽物ですか?」「本物です」――こんなメールの思い出から始まる『無目的な思索の応答』は、言葉の世界にそれぞれ立ち向かう同年代の二人が、一年半にわたって新聞上で交わした往復書簡をまとめたもの。消えない記憶、わだかまる違和感、他人から見ればどうでもいいようなことについて書き合った先に、知らずと新たな考えが光のように浮かんで
[…続きを読む]

締切迫る!「夏井いつきのおウチde俳句大賞」の応募は2月28日まで!

締切迫る!「夏井いつきのおウチde俳句大賞」の応募は2月28日まで! 『夏井いつきのおウチde俳句』刊行記念。大賞賞金20万円! ふるってご応募ください。 …………………………………………………………………………………………… バラエティ番組『プレバト!!』(MBS / TBS系)の俳句コーナーで大人気の俳人 夏井いつきが朝日出版社から『夏井いつきのおウチde俳句』の出版を記念して、「おウチde俳句大賞」を絶賛募集中。 『夏井いつきのおウチde俳句』は、体が不自由で家から出られない方や、介護などさまざまな理由で思うように外出できない方たちのために「どこに居ても、いつだって俳句はできる!」という
[…続きを読む]

歴史の暗部を鮮烈に彫り起す、現代アーティスト・風間サチコトークショーイベントがGINZA SIXにて開催

歴史の暗部を鮮烈に彫り起す、現代アーティスト・風間サチコトークショーイベントがGINZA SIXにて開催 画業20年初作品集『予感の帝国』刊行記念イベント …………………………………………………………………………………………… 現代美術家・風間サチコの画業を集成した初の作品集『予感の帝国 風間サチコ作品集』(朝日出版社)の刊行を記念し、美術評論家・中尾拓哉氏とのトークショーを銀座蔦屋にて開催いたします。 ディスリンピック2680/2018 風間サチコは、現代社会や歴史の暗部に対して古書研究やフィールドワークなど独自のリサーチを徹底し、「黒と白の木版画」で表現する現代美術家。ナンセンスでユーモア
[…続きを読む]

【株式会社朝日出版社】 「親の年金を使ってキャバクラ」。京都の障害福祉施設の「まともじゃない」日常に、現代をラクに生きるコツを学ぶ。競争地獄を抜け出す本、発売中。

「親の年金を使ってキャバクラ」。京都の障害福祉施設の「まともじゃない」日常に、現代をラクに生きるコツを学ぶ。競争地獄を抜け出す本、発売中。 …………………………………………………………………………………………… 『まともがゆれるー常識をやめる「スウィング」の実験』(木ノ戸昌幸・著)が刊行。 Delicious Sweets IV/かなえ/2018 なぜこの本は愉快なのか? それは、彼らのいる「スウィング」という場所が、「できない」ということにこだわっていないからである。こだわらなければ敗北も失敗もない。そしてこだわらないだけで、なぜか「できる」がどんどん増えてくるのである。  (寄稿 稲垣えみ
[…続きを読む]

台湾と日本の出版社・本屋による初の対談トークショーを都内で開催―『小日子』ローラ・リュウ×『逗點文創結社』シャーキー・チェン×『であすす』花田菜々子×『B&B』内沼晋太郎

台湾と日本の出版社・本屋による初の対談トークショーを都内で開催―『小日子』ローラ・リュウ×『逗點文創結社』シャーキー・チェン×『であすす』花田菜々子×『B&B』内沼晋太郎 2/22(金)本の未来を探す旅 台北⇔東京 〜日本と台湾の「本屋と出版」トーク〜 …………………………………………………………………………………………… 「少人口社会」でありながらも、エネルギッシュで多様性豊かな台湾の出版文化から、「人口減少社会」の日本が学べることも多いはず。ともに「本の未来」を探っていく一夜を過ごしませんか? いま台湾では韓国と同じく、書店や出版社の「独立」ブームです。1980年代生まれを中心とし
[…続きを読む]

死にたい人は必見!?「私達全員自殺遺族! 親に自殺されちゃった話を聞いてみませんか?」――末井昭・著『自殺会議』刊行記念トークイベントを開催!

死にたい人は必見!?「私達全員自殺遺族! 親に自殺されちゃった話を聞いてみませんか?」――末井昭・著『自殺会議』刊行記念トークイベントを開催! …………………………………………………………………………………………… 自殺未遂した人、家族に自殺されちゃった人、自殺しそうな人を助けている人……様々な「自殺関係者」11名の方々と自殺についての意見を明るく交わし、彼らとの「会議」を収録した『自殺会議』の刊行を記念して、1月20日(日)にLOFT9 Shibuyaで、末井アワーVol.2トークイベントを開催します。 著者の末井さん(左)と2015年に母親が自殺した画家の弓指さん(右) ご存知、ダイナマイ
[…続きを読む]

2月24日、「辺野古移設の賛否問う沖縄県民投票」を実施!大阪を大きく変えた橋下徹氏が、沖縄の明るい未来を実現させる画期的ヴィジョンを示した「新・沖縄独立宣言」を緊急出版!

2月24日、「辺野古移設の賛否問う沖縄県民投票」を実施!大阪を大きく変えた橋下徹氏が、沖縄の明るい未来を実現させる画期的ヴィジョンを示した「新・沖縄独立宣言」を緊急出版! …………………………………………………………………………………………… 元大阪府知事・大阪市長の橋下徹氏の新刊『沖縄問題、解決策はこれだ! これで沖縄は再生する。』が朝日出版社から刊行されました。 (C)pixta 「8年間の政治家時代において、国会議員や日本政府はもとより、あらゆる相手と政治的にケンカをしまくってきた僕の政治的ケンカのやり方がいっぱいつまった本です。沖縄問題を解決するため、 沖縄は本土の国会議員や日本政府と
[…続きを読む]

日本の年間自殺者は2万人以上。なぜ、日本はこんなに「自殺大国」になってしまったのか! 自殺関係者たちが集い、自殺について語りつくす。なのに、時々笑っちゃう、丸ごと自殺の本が出版。

日本の年間自殺者は2万人以上。なぜ、日本はこんなに「自殺大国」になってしまったのか! 自殺関係者たちが集い、自殺について語りつくす。なのに、時々笑っちゃう、丸ごと自殺の本が出版。 …………………………………………………………………………………………… 映画『素敵なダイナマイトスキャンダル』の原作者、末井昭さんの新刊『自殺会議』が12月15日に朝日出版社から刊行されます。 弓指寛治氏『挽歌』――「残された側の人たちが、どういうことができるのかみたいなやつのサンプル品に僕がなって、それをやっていきたい」 平成29年の自殺者数は21,321人。平成22年以降、8年連続の減少となってはいるが、それでも
[…続きを読む]

17文字で生まれる「生きがい」。朝日出版社が「おウチde俳句大賞」の募集を開始!

株式会社朝日出版社 17文字で生まれる「生きがい」。朝日出版社が「おウチde俳句大賞」の募集を開始! 『夏井いつきのおウチde俳句』刊行記念。大賞賞金20万円! 2018年11月8日〜2019年2月28日まで開催 …………………………………………………………………………………………… バラエティ番組『プレバト!!』(MBS / TBS系)の俳句コーナーで大人気の俳人 夏井いつきが11月8日(木)、朝日出版社から『夏井いつきのおウチde俳句』を刊行いたします。出版を記念し、「おウチde俳句大賞」の募集を実施いたします。 『夏井いつきのおウチde俳句』は、体が不自由で家から出られない方や、介護など
[…続きを読む]