【A4・A5の黒毛和牛食べ放題が1,129円】肉屋の台所全店で、1月29日(いー肉の日)に特別キャンペーンが決定!

【A4・A5の黒毛和牛食べ放題が1,129円】肉屋の台所全店で、1月29日(いー肉の日)に特別キャンペーンが決定! …………………………………………………………………………………………… 何処にも負けない★品質★と価格!! 「肉屋の台所」対象店舗で、月に1度の超大特価キャンペーン開催! 株式会社肉屋の台所(本社:東京都西新宿、代表取締役:荻原 紀彦)は、「肉屋の台所」業態全店にて、2020年1月29日(いー肉の日)に29名様限定で、A4・A5ランクの和牛を”食べ放題1,129円”にてご提供いたします。 肉屋の台所:https://nikuyanodaidokoro.com/ 1,129円(いい
[…続きを読む]

高橋鮎生 (Ayuo)/Outside Society

Ayuo(高橋鮎生)の自伝的な本「アウトサイド・ソサエティ」に基づく音楽。年代のNYで育ち、様々な文化から来た家族の間で起きた衝突、アイデンティティーの問題。中世ヨーロッパ音楽、日本伝統音楽、オリエント音楽、プログレッシブ・ロックの要素を取り入れたこれまでになかった美しいタペストリー。 <メンバー> Ayuo: Vocals Guitar Bouzouki Irish Harp Elec 詳細はこちら

金政祐司/わたしから社会へ広がる心理学

第I部で自己及び親密な人々との関係に焦点を当て、第II・III部では視野を徐々に広げ、集団・社会・文化における人々との関わりを論考。できるだけ身近な例を取り上げ、日常的な出来事と関連させながら説明する。〈金政祐司〉大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。大阪人間科学大学人間科学部専任講師。〈石盛真徳〉大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程単位取得退学。京都光華女子大学人間関係学部助 詳細はこちら

銀城康子/ロシアのごはん

ロシアの家庭で食べられている日常的な食事を、管理栄養士の視点からわかりやすく解説。食事にまつわる習慣や、日本では見られない料理道具などから、文化や自然背景などがわかります。代表的な料理のレシピも紹介。〈銀城康子〉1956年青森県生まれ。管理栄養士。2年半フランスに滞在し、フランス在住日本人の食生活調査、各地の日常食調査を行なう。帰国後、非常勤講師や執筆活動をしながら、日常食調査を続ける。 詳細はこちら

鶴岡公幸/食べ物で知る英語表現百科 おもしろ英語表現百科

学校では教えてくれない、食べ物に関連した英語の決まり文句・イディオムを紹介。食べもので憶えるから英語の表現力が超カンタンにアップ。英語のみならず、その背景にある文化や、料理の基礎知識も理解できる。〈鶴岡公幸〉宮城大学食産業学部助教授。著書に「電車で覚えるビジネス頻出英単語」など。〈牛原琴愛〉料理研究家。野菜ソムリエ。 詳細はこちら

飯塚須磨子/くさはらだより

おかあさん この芽 ちいちゃいのに すごい力もちだね どうして だってさ こんなにおもたい土のなかから おかお だしたんだもの(「春」より) ぬくもりいっぱいの詩と素朴でかわいい絵を収録した詩集。〈飯塚須磨子〉台湾生まれ。三井グループメーカー勤務等を経て、小さな小さな絵本の館グリムを開店。原画展、講演会等の文化を発信しつつ創作、詩作をしている。日本子どもの本研究会会員。 詳細はこちら

高橋憲/新ドイツの街角から ドイツ文化事情

ドイツ文化理解への入門書。生活習慣や文化における日独比較、食文化、旅への誘い、音楽家や文学者、信仰、オーストリア事情、ドイツのこれからの課題などを取り上げる。2009年ドイツ連邦議会総選挙の結果も掲載。 詳細はこちら

青木信治/入門・モンゴル国

東アジアの一国でありながら、これまで知られることの少なかったモンゴル国の歴史、文化、社会制度、さらに最近の政治・経済情報などをあらゆる分野にわたって紹介し、大草原の国へのおもいを現実のものとする全データ・ガイド。 詳細はこちら

銀城康子/メキシコのごはん

メキシコの家庭で食べられている日常的な食事を、管理栄養士の視点からわかりやすく解説。食事にまつわる習慣や、日本では見られない料理道具などから、その国の文化や自然背景などがわかります。代表的な料理のレシピも紹介。〈銀城康子〉1956年青森県生まれ。管理栄養士。2年半フランスに滞在し、フランス在住日本人の食生活調査、各地の日常食調査を行う。帰国後、病院勤務を経て、短期大学非常勤講師。 詳細はこちら

鈴木成文/住まいを読む 現代日本住居論

日本の住まいは第二次世界大戦以降大きな変化を遂げ、今日多様な住まいが存在する。現代住居の底流をなす日本の住生活の文化と、住居を変動させる力とは何かを解読する。〈鈴木成文〉1927年東京都生まれ。東京大学大学院修了。現在、神戸芸術工科大学学長。建築計画学、住居学専攻。著書に「住まいの計画・住まいの文化」ほかがある。 詳細はこちら

飯田静江/むらさきのゆかり

農民美術に魅せられ訪れた信州。豊かな自然、地域に根づいた文化、そして村人たちの温かい心遣い?。信州の地で結ばれた人の縁、交流、また文学者、芸術家の足跡をしのぶ紀行エッセイ集。 詳細はこちら

願興寺浩之/トヨタ労使マネジメントの輸出 東アジアへの移転過程と課題

トヨタ自動車の労使関係を日本的労使関係の1つの典型とみなし、その労使関係システムが、インドネシア、タイ、中国に移転可能であろうかを、実証的に研究。文化や習慣を超えて受容されるために不可欠な基本要素を解明する。〈願興寺【ヒロ】之〉1947年愛知県生まれ。名古屋大学法学部卒業。トヨタ自動車勤務を経て、同志社大学大学院総合政策科学研究科博士後期課程修了。現在、立命館大学経営学部客員教授等を務める。 詳細はこちら

飛鳥寛栗編/仏教音楽への招待

この1世紀の間に、日本の仏教徒たちは、まったく異質の文化・西洋音楽をとまどいながらも取り入れ、消化し、歌ってきた。洋楽で讃仏することの喜びを知った、多くの人々のエピソードを紹介する。〈飛鳥寛栗〉1915年富山県生まれ。龍谷大学文学部仏教学科卒業。浄土真宗本願寺派教学伝道研究センター顧問。仏教音楽コレクション・A主宰。著書に「それは仏教唱歌からはじまった」など。 詳細はこちら

高山智樹/レイモンド・ウィリアムズ 希望への手がかり

1内容形態 思想、海外文学・評論(イギリス文学)2内容紹介 カルチュラル・スタディーズの創始者?テリー・イーグルストンの師匠? 「文化と社会」の関係を徹底的に追及したイギリスを代表する思想家で、「文学批評」の革命的転換を迫った知識人の思想の軌跡を綴る初の書! 詳細はこちら

高山竜三/河口慧海への旅 釈迦生誕地に巡礼した人びと

河口慧海をはじめ、戦前、釈迦生誕地のインド・ネパールを巡礼した人びとの足跡を辿り、その業績と後世に及ぼした影響を明らかにする。日本とネパール、120年の文化交流史。〈高山龍三〉1929年大阪生まれ。大阪市立大学大学院博士課程中退。チベット文化研究会会長、日本ネパール協会関西支部長。近年は河口慧海の研究に従事。著書に「環境・人間・文化」「河口慧海」など。 詳細はこちら

高橋宏(薬理学)/疾病から文明論へ

疾病を医学の問題を越えて広く生態生物学、社会科学、或いは思想、宗教といった総合的視野から新たに見直し、現状の文化の歩みに対して痛切な批判をともなった斬新な思想を論じる。 詳細はこちら

高木裕(フランス文学)/〈声〉とテクストの射程

「声」の諸相に多面的なアプローチを試み、「声」の文化、音声言語と文字言語、口承とテクスト、テクスト生成とその解読などを通して、「声」とテクストが織りなす豊かな世界を開くことにより、新たな人文学の構築を目指す書。 詳細はこちら

読売新聞社編/いしかわを彩る女性たち ひと紀行

ビジネス、伝統・文化、ファッション、福祉など、様々な分野の第一線で活躍する石川の女性たち457人の素顔を紹介。郷土にキラめく、いしかわの「女性力」が見えてくる。『読売新聞』石川県版の連載を加筆修正して書籍化。 詳細はこちら

鎌倉兄弟/ひとり鎌倉

『ひとり鎌倉』は高齢化社会に夢と希望と勇気を与えるウォーキング・ソング! プロフェッサー小林新治朗と作曲家加東竜次が新ユニット名『鎌倉兄弟』で愛と歴史と文化の町鎌倉をテーマにしたCDを発売する! 夏と冬、年2回を中心に四季折々鎌倉の様々なイベントで唄われ踊られる『ひとり鎌倉』『鎌倉音頭』はファン待望のCD発売である! 鎌倉観光客年間2 000万人をさらに倍増させるPRソングとしてYouTubeを 詳細はこちら

遠藤薫/ネットメディアと〈コミュニティ〉形成

インターネット、SNS、地域、雇用、文化、メンタル…。さまざまなメディアの埋め込まれた現代社会=複合メディア社会を「コミュニティ」という観点により、さまざまに切り取って論じる。〈遠藤薫〉東京工業大学大学院理工学研究科博士課程修了。博士(学術)。学習院大学法学部教授。日本社会情報学会会長、情報通信学会副会長。著書に「間メディア社会と〈世論〉形成」「電子社会論」など。 詳細はこちら

本島等/ゆるす思想(こころ)ゆるさぬ思想(こころ) 若い世代と語る平和・原爆・いま・未来

人間が共存して行く条件は、人権がどれだけ尊ばれる世界をつくるか、ということであり、その中で未来をみつめた文化や芸術が育つ。だが、その基礎はあくまで平和なのだ。あの日から47年。「平和」が問われている今、胸をうつナガサキからのメッセージ。 詳細はこちら

黒沢直俊/世界の文字と言葉入門 11

国際化時代に生きる子供たちに、外国の文字と言葉を通して色々な国、その国の人や文化を紹介するシリーズ、11巻。大航海時代に世界へ広がったスペイン・ポルトガルの文字と言葉って、どんなだろう? 詳細はこちら

齋藤公江/ふしぎの国英国 歴史と文化の旅

長い歴史と多様な文化を有した先進国である英国は、同時に経験論的な実際的側面と魔術的な考えや文化が共存する、面白くてふしぎな国でもある。他のヨーロッパとは異なる、極めて特異な地域である英国の歴史と文化を紹介する。 詳細はこちら

鹿島正裕/国際学への扉 異文化との共生に向けて

グローバル化といっても、国や文化が異なれば生活の仕方、ものの感じ方から政治のあり方まで千差万別。私たちはどう向きあえばいいのだろうか。大学生が国際社会や異文化について学ぶための入門書。〈鹿島正裕〉金沢大学法学部教授。 詳細はこちら

高田三郎(1913-2000)/水のいのち: 高田三郎 / 神戸中央cho 福永陽一郎 / 日本アカデミー

「名演奏聴きくらべ 夢のカップリングCDリリースに際して」 合唱音楽の素晴らしさに触れる.、それは何と言っても名曲・名演奏との出会いではないでしょうか。 もし、合唱名曲の名演奏盤が会社の枠を超えて、カップリングできたらどんなに素晴 しいことでしょう。今、時代が会社の枠を超えて一枚のCDを制作するクロスマスターの時代となりました。私ども財団の使命のひとつである、文化の普及と後世にその偉業を伝 詳細はこちら