【GMOインターネットグループ】 GMOグローバルサイン:マシンアイデンティティ管理大手のVENAFI、およびNSDビジネスイノベーションと戦略的パートナーシップを締結

GMOグローバルサイン:マシンアイデンティティ管理大手のVENAFI、およびNSDビジネスイノベーションと戦略的パートナーシップを締結 〜電子証明書の管理運用を効率化〜 …………………………………………………………………………………………… 2019年4月11日報道関係各位 GMOグローバルサイン株式会社===================================================================マシンアイデンティティ管理大手のVENAFI、およびNSDビジネスイノベーションと戦略的パートナーシップを締結〜電子証明書の管理運用を効率化〜=========
[…続きを読む]

インフォコーパスとZenmuTech、IoT分野における業務提携

インフォコーパスとZenmuTech、IoT分野における業務提携 エッジとクラウド間の連携によるIoT機密データの保全 …………………………………………………………………………………………… ユニバーサルIoTプラットフォーム「センサーコーパス」を提供するインフォコーパスと、データの無意味化により「情報の安全」を実現する「ZENMU(ゼンム)」を展開するZenmuTechは、IoT分野におけるセキュリティ強化に向けて業務提携を行ったことを発表いたします。 ユニバーサルIoTプラットフォーム「センサーコーパス」を提供する株式会社インフォコーパス(以下インフォコーパス、代表取締役社長 鈴木潤一、東
[…続きを読む]

【GMOインターネットグループ】 GMOグローバルサインのクライアント証明書発行サービス業務利用のモバイル端末管理サービス「Microsoft Intune」と連携開始

GMOグローバルサインのクライアント証明書発行サービス業務利用のモバイル端末管理サービス「Microsoft Intune」と連携開始 〜業務利用の端末の安全なアクセス認証が可能に〜 …………………………………………………………………………………………… 2019年3月7日報道関係各位 GMOグローバルサイン株式会社===================================================================GMOグローバルサインのクライアント証明書発行サービス業務利用のモバイル端末管理サービス「Microsoft Intune」と連携開始〜業務利用の端
[…続きを読む]

【株式会社アレックスマネジメント】 アレックスマネジメント、UiPath株式会社と開発リソースパートナー契約を締結

アレックスマネジメント、UiPath株式会社と開発リソースパートナー契約を締結 …………………………………………………………………………………………… 株式会社アレックスマネジメント(本社:東京都中央区、代表取締役社長 櫻井 雅之)は、RPA(Robotic Process Automation)のリーディングカンパニーである 米UiPath社の日本法人であるUiPath 株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO 長谷川 康一、以下「UiPath社」)と「開発リソースパートナー契約」を、2019年3月1日に締結いたしました。 「開発リソースパートナー」とは、UiPath製品の開発、導入
[…続きを読む]

【アルプス システム インテグレーション株式会社】 ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」 Windows版を3月1日より提供開始

ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」 Windows版を3月1日より提供開始 -マルチデバイスからの、安全なWi-Fi利用が実現- ……………………………………………………………………………………………  アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、企業向けWi-Fiセキュリティサービス「Wi-Fi Security for Business」のWindows版を、2019年3月1日より提供開始します。現在提供中の、iOS / Andro
[…続きを読む]

【アルプス システム インテグレーション株式会社】 ALSI、セキュアなテレワークの実現を支援する、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS Ver. 5.0」を3月18日より販売開始

ALSI、セキュアなテレワークの実現を支援する、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS Ver. 5.0」を3月18日より販売開始 フィルタリングカテゴリを、国内Webフィルタリングソフト最大クラスの148カテゴリへ増強・細分化 ……………………………………………………………………………………………  アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS(インターセーフ キャッツ)」をバージョンアップし、2019年3月18日
[…続きを読む]

【APRESIA Systems株式会社】 「スレハンしようぜ!」APRESIA Systems、ソフォス、ディアイティのマルチベンダーで、すべてが自動化された「スレットハンティング」ソリューションを提供開始

「スレハンしようぜ!」APRESIA Systems、ソフォス、ディアイティのマルチベンダーで、すべてが自動化された「スレットハンティング」ソリューションを提供開始 サイバー攻撃を見つけて、捕まえて、調査し、ブロックする、すべてを自動化 …………………………………………………………………………………………… APRESIA Systems株式会社(東京都中央区、代表取締役社長:笠井 克洋、以下、APRESIA Systems)は、ソフォス株式会社(代表取締役:中西 智行、以下、ソフォス)、株式会社ディアイティ(東京都江東区、代表取締役社長: 戸田 勝、以下、ディアイティ) の3社で構成する、サ
[…続きを読む]

【アルプス システム インテグレーション株式会社】 ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」に、新オプションを追加 1月15日より提供開始

ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」に、新オプションを追加 1月15日より提供開始 -あらゆる通信環境下で、クラウドサービスのセキュアな利用が可能に- ……………………………………………………………………………………………  アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、企業向けWi-Fiセキュリティサービス「Wi-Fi Security for Business」に、「プライベートサーバー」オプションを追加し、2019年1月15日より提供
[…続きを読む]

30以上のツールでPCを高速化/最適化するソフト 『Glary Utilities Pro 5』の 販売を開始

30以上のツールでPCを高速化/最適化するソフト 『Glary Utilities Pro 5』の 販売を開始 遅くなったパソコンを軽く、最速に …………………………………………………………………………………………… システムソフトウェア販売の株式会社ライフボート(https://www.lifeboat.jp/ )は、Glarysoft社が開発した、PCを多様なツールで高速化/最適化し、快適な環境を維持することができるユーティリティソフト「Glary Utilities Pro 5(グレイリー ユーティリティーズ プロ 5)」の販売を、2018年12月14日より、販売代理店、全国の家電量販店
[…続きを読む]

【GMOインターネットグループ】 GMOクラウド・GMOグローバルサイン:組織外活動を支援する「ソトカツサポート制度」の対象に国際スポーツ大会のボランティアを追加

GMOクラウド・GMOグローバルサイン:組織外活動を支援する「ソトカツサポート制度」の対象に国際スポーツ大会のボランティアを追加 〜「渋谷区独自ボランティア制度 公認講座」を開催〜 …………………………………………………………………………………………… 2018年11月16日報道関係各位 GMOクラウド株式会社GMOグローバルサイン株式会社==========================================================組織外活動を支援する「ソトカツサポート制度」の対象に国際スポーツ大会のボランティアを追加〜「渋谷区独自ボランティア制度 公認講座」を開催〜==
[…続きを読む]

メールサーバ間の暗号化

EU一般データ保護規則(General Data Protection Regulation:GDPR)により、 個人情報が含まれるメールのサーバ間のやり取りにも、暗号化が求められるようになりました。 常時SSL(Always On SSL)の流れは、メールにまで。 メールのヘッダに内に、下記のような記録が残されていれば、暗号化通信経路でメールを受け取っています。 (version=TLSv1 cipher=RC4-SHA bits=128/128); こちらのSSL-TOOLSを使って、相手先のメールサーバが暗号化に対応しているか確認することができます。 https://ssl-tools.
[…続きを読む]