東京ミッドタウン日比谷「Restaurant TOYO Tokyo」酒の会、「SAKE Discovery」をhotel zen tokyoバーラウンジ「TAIAN」にて3蔵合同開催

東京ミッドタウン日比谷「Restaurant TOYO Tokyo」酒の会、「SAKE Discovery」をhotel zen tokyoバーラウンジ「TAIAN」にて3蔵合同開催 …………………………………………………………………………………………… hotel zen tokyo人形町バーラウンジ「TAIAN」と「Restaurant TOYO Tokyo」は、2019年6月12日(水)、6月13日(木)に「SAKE Discovery」と題し、杜氏を招いて合同で、日本酒の会を行います。 今回ご参加頂く蔵元は、三千櫻酒造(岐阜県中津川市 代表取締役 山田耕司)、中澤酒造(神奈川県足柄上郡
[…続きを読む]

【小田急電鉄株式会社】 小田急まなたび企画 小田急センチュリー相模大野にて「神奈川の地酒を楽しむ夏の会」を7月14日(日)に開催

小田急まなたび企画 小田急センチュリー相模大野にて「神奈川の地酒を楽しむ夏の会」を7月14日(日)に開催 〜神奈川県全13蔵の地酒と食をお楽しみください〜 …………………………………………………………………………………………… 小田急電鉄株式会社(本社:東京都新宿区 社長:星野 晃司)と株式会社小田急リゾーツ(本社:神奈川県相模原市 社長:端山 貴史)では、2019年7月14日(日)に「学びと旅を提案する『小田急まなたび』※」の企画として、「神奈川の地酒を楽しむ夏の会」を、小田急ホテルセンチュリー相模大野にて開催します。 神奈川県13酒造のみなさま 「小田急まなたび」では、小田急沿線のさまざま
[…続きを読む]

【ZEALS】 株式会社JIMOSがLINEと連動した、会話広告fanpを導入

株式会社JIMOSがLINEと連動した、会話広告fanpを導入 …………………………………………………………………………………………… LINE及びFacebook Messengerを活用した “会話広告” パッケージ「fanp」を展開する株式会社 ZEALS(ジールス)(所在地:東京都品川区、代表取締役:清水正大、以下ジールス)は、2019年4月、スキンケアをはじめとして、メイクやヘアケア製品を取り扱うブランド「MACCHIA LABEL(マキアレイベル)」や高機能、自然派エイジングケア「Coyori(こより)」等を展開している株式会社JIMOS(本社:福岡市博多区、代表取締役社長:小林
[…続きを読む]

【GRA】 “食べる宝石”×”飲む点滴”!? 日本のイチゴとお米が醸し出す芳醇な味わいのお酒 「ミガキイチゴどぶろく」3月23日発売

“食べる宝石”×”飲む点滴”!? 日本のイチゴとお米が醸し出す芳醇な味わいのお酒 「ミガキイチゴどぶろく」3月23日発売 〜東京都港区の酒蔵、東京港醸造が”食べる宝石”ミガキイチゴのどぶろくを商品化〜 …………………………………………………………………………………………… 1粒1,000円で知られる“食べる宝石”ミガキイチゴを生産販売している株式会社GRA(本社:宮城県亘理郡山元町、代表取締役:岩佐大輝、以下 GRA)は、東京都23区で唯一の酒蔵である東京港醸造とのコラボレーション商品「ミガキイチゴどぶろく」を、2019年3月23日から販売開始いたします。 ■ミガキイチゴどぶろくの特長東京港醸
[…続きを読む]

【公益社団法人 とやま観光推進機構】 「富山県」美食観光ニュースレターVol.2(春号)

「富山県」美食観光ニュースレターVol.2(春号) 〜春の行楽シーズンに向けて、富山で受け継がれる伝統の味覚をご紹介〜 …………………………………………………………………………………………… 富山県は、2015年3月の北陸新幹線開業以降、特に「食」のイメージが全国的に浸透しており、富山への旅行の目的や満足度(※1)に繋がっています。なかでも、冬を中心とした富山湾の魚介類の美味しさは全国的に高く評価されています。また、富山県は、古くから厳しい冬を乗り越えるために素材を生かして作られた保存食、立山連峰や身近な里山、広大な平野がもたらす郷土料理など食の恵みが豊富です。今回、春の行楽シーズンに向けて、
[…続きを読む]

実は酒どころ・埼玉県。酒蔵ツーリズム紹介のプロモーション映像を公開!

実は酒どころ・埼玉県。酒蔵ツーリズム紹介のプロモーション映像を公開! 日本酒生産量が全国第4位、34の酒蔵がある埼玉県。 …………………………………………………………………………………………… 東京から日帰りできる「酒蔵ツーリズム」として、埼玉県物産観光協会がプロモーション映像を制作、公開した。  平成29年(2017年)の海外への日本酒の輸出量は10年前と比較して約2倍、輸出金額は約3倍と海外での日本酒人気が高まっている。平成25年(2013年)には酒造関係業界、関連業界、地方自治体、国からなる酒蔵ツーリズム(R)推進協議会を新たに発足するなど観光面からも注目が高まり、各地で酒蔵めぐりをテー
[…続きを読む]

【株式会社 竹下本店】 日本酒発祥の地、島根から直送! 季節の貴重な日本酒と地元の極上のおつまみのペアリングが楽しめる 酒造・竹下本店が考案する『しまね・酒蔵四季だより』

日本酒発祥の地、島根から直送! 季節の貴重な日本酒と地元の極上のおつまみのペアリングが楽しめる 酒造・竹下本店が考案する『しまね・酒蔵四季だより』 2018年12月14日よりオンラインストアで販売開始 …………………………………………………………………………………………… 日本酒発祥の地と言われる島根県に店を構える、創業150年の歴史をもつ酒蔵・竹下本店より『しまね・酒蔵四季だより』を2018年12月14日(金)よりオンラインストアで販売開始致します。オンラインストア:http://takeshita-honten.com/shikidayori 酒蔵が本気で考えた『しまね・酒蔵四季だより』日
[…続きを読む]

旅前に最も知りたい情報は、酒のお供になる地元のおいしい「おつまみ」だった!『じゃらん酒旅BOOK 2019-2020保存版』2018年12月13日(木)発売

旅前に最も知りたい情報は、酒のお供になる地元のおいしい「おつまみ」だった!『じゃらん酒旅BOOK 2019-2020保存版』2018年12月13日(木)発売 …………………………………………………………………………………………… 株式会社リクルートライフスタイル(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:淺野 健)が企画・編集する旅行情報誌『じゃらん』は、「酒旅」に関するアンケートを実施しました。その結果とともに、MOOKシリーズ『じゃらん酒旅BOOK 2019-2020保存版』(編集長:西 尚子)を2018年12月13日(木)より発売することをお知らせします。なお、本内容は「じゃらんニュース」で
[…続きを読む]

【合資会社 光武酒造場】 山田全自動×光武酒造場 2019年春、ボトルラベルでコラボ決定!

山田全自動×光武酒造場 2019年春、ボトルラベルでコラボ決定! …………………………………………………………………………………………… 創業330年、佐賀県の老舗酒蔵合資会社光武酒造場(本社:佐賀県鹿島市浜町、代表社員:光武 博之)は来年春、ロングセラーの黒麹芋焼酎「魔界への誘い(720ml)」・「手造り純米酒 光武(720ml)」・「肥前浜宿 梅酒(720ml)」の3商品と人気イラストレーター「山田全自動」氏のコラボレーションデザインボトルの展開を決定しました。 ※上記のイラストと商品用のラベルイラストは異なります。※実際は「?」部分に今回のコラボ限定のイラストが入ります。 ■山田全自動と
[…続きを読む]