NIKKO 小紋あそび ごはん茶碗

モダンな形状が特長のご飯茶碗。 電子レンジの温めにも対応しています。 伝統文様の「麻の葉」の中にとんぼの絵が隠されています。成長を願う「麻の葉」と勝ち虫(とんぼ)を組み合わせた縁起のよい絵柄です。 ■小紋あそびシリーズ 江戸の粋の心を楽しむ。それぞれのデザインには、とんぼや小魚などかわいいモチーフがかくれんぼしています。江戸っ子のユーモアや縁起かつぎなど、選んで楽しい、探して楽しい器です。 詳細はこちら

萩焼窯元 松光山 【萩焼】白釉 丼

萩焼は一楽二萩三唐津と謳われたほど古くから親しまれてきた焼き物です。 特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「萩の七化け」があります。 白萩釉を使った丼です。 詳細はこちら

NIKKO 江戸小紋 (渦巻レリーフ) 渦巻レリーフ)ごはん茶碗

モダンな形状が特長のご飯茶碗。 電子レンジの温めにも対応しています。 ■江戸小紋シリーズ 江戸時代の文様「江戸小紋」は、日本人独自の美意識とユーモアにあふれたデザインです。この「江戸小紋」絵柄の和食器シリーズはジャパニーズモダンとして、欧米の高級デパートでも人気のシリーズです。 詳細はこちら

萩焼窯元 松光山 【萩焼】御本手 飯碗

萩焼は一楽二萩三唐津と謳われたほど古くから親しまれてきた焼き物です。 特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「萩の七化け」があります。 萩の伝統的な色合いの飯碗です。 詳細はこちら

輪島キリモト 千すじひら椀(中)ねず

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、ご飯が映え、料理を引き立ててくれます。 底から上縁にかけて緩やかな広がりを持つ「ひら椀」は、ご飯や煮物、サラダなどの器としておすすめです。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 たっぷり入る中サイズと女性やお子様にちょうど良い小サイズの2種類があります。 「ね
[…続きを読む]

輪島キリモト 千すじひら椀(中)ベンガラ

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、ご飯が映え、料理を引き立ててくれます。 底から上縁にかけて緩やかな広がりを持つ「ひら椀」は、ご飯や煮物、サラダなどの器としておすすめです。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 たっぷり入る中サイズと女性やお子様にちょうど良い小サイズの2種類があります。 「ね
[…続きを読む]

輪島キリモト 千すじひら椀(小)ねず

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、ご飯が映え、料理を引き立ててくれます。 底から上縁にかけて緩やかな広がりを持つ「ひら椀」は、ご飯や煮物、サラダなどの器としておすすめです。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 たっぷり入る中サイズと女性やお子様にちょうど良い小サイズの2種類があります。 「ね
[…続きを読む]

輪島キリモト 千すじひら椀(小)ベンガラ

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、ご飯が映え、料理を引き立ててくれます。 底から上縁にかけて緩やかな広がりを持つ「ひら椀」は、ご飯や煮物、サラダなどの器としておすすめです。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 たっぷり入る中サイズと女性やお子様にちょうど良い小サイズの2種類があります。 「ね
[…続きを読む]

萩焼窯元 松光山 【萩焼】御本手 丼

萩焼は一楽二萩三唐津と謳われたほど古くから親しまれてきた焼き物です。 特徴は原料に用いられる陶土とそれに混ぜる釉薬の具合によって生じる「貫入」と使い込むことによって生じる「萩の七化け」があります。 萩の伝統的な色合いの丼です。 詳細はこちら

幸兵衛窯 青釉葡萄文小鉢揃 5客 底深

美しいペルシャブルーを讃える小鉢 1804年に初代加藤幸兵衛により開窯され、市之倉で最も歴史と伝統のある窯元の人気の逸品。西アジアに生まれ2000年以上の歴史を持つ青釉。その鮮やかな色彩と異国情緒豊かな葡萄文があなたをシルクロードの世界に誘います。洋風珍味や果物、冷菓子等にいかがですか。 詳細はこちら

幸兵衛窯 ペルシア色絵八角鉢

ペルシア色絵で描かれる八角鉢皿 1804年に初代加藤幸兵衛により開窯され、市之倉で最も歴史と伝統のある窯元の人気の逸品。同窯独特の技法・ペルシア色絵は手描きによって描かれております。中華料理に最適な八角鉢のお皿です。また、クッキー・チョコレート等の菓子鉢としても最適です。 詳細はこちら

輪島キリモト 千すじ汁椀(大)ねず

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、食材が映え、料理を引き立ててくれます。 オーソドックスな形状の汁椀は、毎日の食事で使いやすく飽きのこない器です。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 サイズは大/小の2種類です。具沢山のお味噌汁がお好きな方には、一回り大きな大サイズがオススメです。 「ねず」
[…続きを読む]

輪島キリモト 千すじ汁椀(小)ねず

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、食材が映え、料理を引き立ててくれます。 オーソドックスな形状の汁椀は、毎日の食事で使いやすく飽きのこない器です。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 サイズは大/小の2種類です。具沢山のお味噌汁がお好きな方には、一回り大きな大サイズがオススメです。 「ねず」
[…続きを読む]

輪島キリモト 千すじ汁椀(大)ベンガラ

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、食材が映え、料理を引き立ててくれます。 オーソドックスな形状の汁椀は、毎日の食事で使いやすく飽きのこない器です。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 サイズは大/小の2種類です。具沢山のお味噌汁がお好きな方には、一回り大きな大サイズがオススメです。 「ねず」
[…続きを読む]

輪島キリモト 千すじ汁椀(小)ベンガラ

天然木に布着せを行い、「輪島地の粉」と漆を特殊な刷毛で塗り込んで仕上げた「千すじ技法」は輪島キリモト独自の技法です。シンプルな形状でありながら、表面に出来た幾つものすじ模様は職人の手の動きによってできたもの。時を経た様な落ち着いた色味は、色の異なる漆を塗り重ねることにより生み出されました。色の濃い漆器だからこそ、食材が映え、料理を引き立ててくれます。 オーソドックスな形状の汁椀は、毎日の食事で使いやすく飽きのこない器です。表面硬度が高いため、傷が付きにくいのも嬉しい千すじシリーズです。 サイズは大/小の2種類です。具沢山のお味噌汁がお好きな方には、一回り大きな大サイズがオススメです。 「ねず」
[…続きを読む]

京楽焼窯元 吉村楽入 乾山「槍梅の画」抹茶碗

京楽焼の窯元である楽入 江戸時代より営んできた焼砥石製造の精神とノウハウを活かし、上質な抹茶碗などの茶道具や置物、湯呑などを制作しています。 尾形乾山の「槍梅」の画を、伝統技法と当家独自の技術を活かし色鮮やかに描きました。「槍梅」とは琳派独自の呼び方で、槍のように真っ直ぐ伸びた枝に花や蕾を付けた梅のことを指します。上方に伸びる枝の様子や豊かな紅白梅がおめでたい席にふさわしい一品です。 ※ご注文を頂いた後に制作を行うため、ご発送まで10日前後お時間を頂戴することがございます。 詳細はこちら

京楽焼窯元 吉村楽入 光琳「群鶴図」抹茶碗

京楽焼の窯元である楽入。 江戸時代より営んできた焼砥石製造の精神とノウハウを活かし、上質な抹茶碗などの茶道具や置物、湯呑などを制作しています。琳派の巨匠・尾形光琳の「群鶴図屏風」を写した縁起の良い茶碗で、金箔を散らし華やかな印象に仕上げました。楽焼の温かみのある形状と光琳の群鶴が絶妙に合わさった一品です。 ※ご注文を頂いた後に制作を行うため、ご発送まで10日前後お時間を頂戴することがございます。 詳細はこちら

京楽焼窯元 吉村楽入 赤楽砂釉茶碗「瑞祥」写

京楽焼の窯元である楽入 江戸時代より営んできた焼砥石製造の精神とノウハウを活かし、上質な抹茶碗などの茶道具や置物、湯呑などを制作しています。覚入が得意とした、砂釉を掛けた赤楽の写し物で、窯変や火替わりによって生まれたモダンな釉景色が特徴です。温かみのある色彩と手になじむ形状をぜひお楽しみください。 ※ご注文を頂いた後に制作を行うため、ご発送まで10日前後お時間を頂戴することがございます。 詳細はこちら

幸兵衛窯 青釉葡萄文浅鉢揃 5客 底浅

美しいペルシャブルーを讃える小鉢 1804年に初代加藤幸兵衛により開窯され、市之倉で最も歴史と伝統のある窯元の人気の逸品。西アジアに生まれ2000年以上の歴史を持つ青釉。瑞々しい色彩と、たわわに実る葡萄は豊潤な収穫を象徴しています。 詳細はこちら

箔一 おぼろ月 ボウル(漆)[6寸]

自然美と、伝統美に今を愉しむ。『新しい用の美』 美しさだけにとらわれず、現代の生活環境の中で使うことを考え、温かみのあるなかに、キレのあるデザインを実現しました。木目を活かした木地に「金箔」のおぼろ月を添えることで、木目が風景となり引き締まった美しいテーブルウェアとなりました。この器は職人技の結集により生まれたものです。熟練の木地師が薄く削り出した木地に、木の美しさを引き出す塗りを施し、月は箔貼り職人が金箔だけで空に浮かぶ風景を表現しています。 詳細はこちら

箔一 おぼろ月 ボウル(漆)[10寸]

自然美と、伝統美に今を愉しむ。『新しい用の美』 美しさだけにとらわれず、現代の生活環境の中で使うことを考え、温かみのあるなかに、キレのあるデザインを実現しました。木目を活かした木地に「金箔」のおぼろ月を添えることで、木目が風景となり引き締まった美しいテーブルウェアとなりました。この器は職人技の結集により生まれたものです。熟練の木地師が薄く削り出した木地に、木の美しさを引き出す塗りを施し、月は箔貼り職人が金箔だけで空に浮かぶ風景を表現しています。 詳細はこちら

箔一 おぼろ月 ボウル(漆)[8寸]

自然美と、伝統美に今を愉しむ。『新しい用の美』 美しさだけにとらわれず、現代の生活環境の中で使うことを考え、温かみのあるなかに、キレのあるデザインを実現しました。木目を活かした木地に「金箔」のおぼろ月を添えることで、木目が風景となり引き締まった美しいテーブルウェアとなりました。この器は職人技の結集により生まれたものです。熟練の木地師が薄く削り出した木地に、木の美しさを引き出す塗りを施し、月は箔貼り職人が金箔だけで空に浮かぶ風景を表現しています。 詳細はこちら

輪島キリモト うつわ(中)赤口朱

家具やプロダクトを手掛ける小泉誠氏デザインの「うつわ」。 ころんとした形状が可愛らしい「うつわ」は、どんぶりやサラダボウル、スープ、デザートなど和洋問わず使える器です。 天然木に布着せを行い、下地を施した後、表面に近い部分でもう一度「輪島地の粉」を使用し、漆を塗り重ねて仕上げています。この輪島キリモト独自の「蒔地技法」で作られた器は表面硬度が高く、傷つきにくいため、金属のスプーンを使うことが出来るのも特徴です。漆塗りでありながら、毎日の食事で気兼ねなく使える器となりました。 大中小が入れ子になり、コンパクトに収納可能です。 たっぷり入る大サイズは男性にもおすすめ、女性の手に納まりの良い中サイズ
[…続きを読む]

輪島キリモト うつわ(中)黒

家具やプロダクトを手掛ける小泉誠氏デザインの「うつわ」。 ころんとした形状が可愛らしい「うつわ」は、どんぶりやサラダボウル、スープ、デザートなど和洋問わず使える器です。 天然木に布着せを行い、下地を施した後、表面に近い部分でもう一度「輪島地の粉」を使用し、漆を塗り重ねて仕上げています。この輪島キリモト独自の「蒔地技法」で作られた器は表面硬度が高く、傷つきにくいため、金属のスプーンを使うことが出来るのも特徴です。漆塗りでありながら、毎日の食事で気兼ねなく使える器となりました。 大中小が入れ子になり、コンパクトに収納可能です。 たっぷり入る大サイズは男性にもおすすめ、女性の手に納まりの良い中サイズ
[…続きを読む]

輪島キリモト うつわ(大)赤口朱

家具やプロダクトを手掛ける小泉誠氏デザインの「うつわ」。 ころんとした形状が可愛らしい「うつわ」は、どんぶりやサラダボウル、スープ、デザートなど和洋問わず使える器です。 天然木に布着せを行い、下地を施した後、表面に近い部分でもう一度「輪島地の粉」を使用し、漆を塗り重ねて仕上げています。この輪島キリモト独自の「蒔地技法」で作られた器は表面硬度が高く、傷つきにくいため、金属のスプーンを使うことが出来るのも特徴です。漆塗りでありながら、毎日の食事で気兼ねなく使える器となりました。 大中小が入れ子になり、コンパクトに収納可能です。 たっぷり入る大サイズは男性にもおすすめ、女性の手に納まりの良い中サイズ
[…続きを読む]

輪島キリモト うつわ(大)黒

家具やプロダクトを手掛ける小泉誠氏デザインの「うつわ」。 ころんとした形状が可愛らしい「うつわ」は、どんぶりやサラダボウル、スープ、デザートなど和洋問わず使える器です。 天然木に布着せを行い、下地を施した後、表面に近い部分でもう一度「輪島地の粉」を使用し、漆を塗り重ねて仕上げています。この輪島キリモト独自の「蒔地技法」で作られた器は表面硬度が高く、傷つきにくいため、金属のスプーンを使うことが出来るのも特徴です。漆塗りでありながら、毎日の食事で気兼ねなく使える器となりました。 大中小が入れ子になり、コンパクトに収納可能です。 たっぷり入る大サイズは男性にもおすすめ、女性の手に納まりの良い中サイズ
[…続きを読む]

輪島キリモト うつわ(小)赤口朱

家具やプロダクトを手掛ける小泉誠氏デザインの「うつわ」。 ころんとした形状が可愛らしい「うつわ」は、どんぶりやサラダボウル、スープ、デザートなど和洋問わず使える器です。 天然木に布着せを行い、下地を施した後、表面に近い部分でもう一度「輪島地の粉」を使用し、漆を塗り重ねて仕上げています。この輪島キリモト独自の「蒔地技法」で作られた器は表面硬度が高く、傷つきにくいため、金属のスプーンを使うことが出来るのも特徴です。漆塗りでありながら、毎日の食事で気兼ねなく使える器となりました。 大中小が入れ子になり、コンパクトに収納可能です。 たっぷり入る大サイズは男性にもおすすめ、女性の手に納まりの良い中サイズ
[…続きを読む]

輪島キリモト うつわ(小)黒

家具やプロダクトを手掛ける小泉誠氏デザインの「うつわ」。 ころんとした形状が可愛らしい「うつわ」は、どんぶりやサラダボウル、スープ、デザートなど和洋問わず使える器です。 天然木に布着せを行い、下地を施した後、表面に近い部分でもう一度「輪島地の粉」を使用し、漆を塗り重ねて仕上げています。この輪島キリモト独自の「蒔地技法」で作られた器は表面硬度が高く、傷つきにくいため、金属のスプーンを使うことが出来るのも特徴です。漆塗りでありながら、毎日の食事で気兼ねなく使える器となりました。 大中小が入れ子になり、コンパクトに収納可能です。 たっぷり入る大サイズは男性にもおすすめ、女性の手に納まりの良い中サイズ
[…続きを読む]