【株式会社カスペルスキー】 法人向け製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」、AV-TESTの「ファイルレス攻撃に対する防御テスト」で検知率100%を達成

法人向け製品「Kaspersky Endpoint Security for Business」、AV-TESTの「ファイルレス攻撃に対する防御テスト」で検知率100%を達成 …………………………………………………………………………………………… [本リリースは、2019年10月9日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] Kasperskyは、AV-TESTによる「ファイルレス攻撃に対する防御テスト」において、法人向け製品Kaspersky Endpoint Security for Businessが、100%の検知率達成と、14社のエンドポイントセキュリティ
[…続きを読む]

【キヤノンMJ】 「Canon Security Days/ESET Security Days 2019」を11月12日(火)、13日(水)に開催〜 DX 時代に必要なセキュリティとは〜

「Canon Security Days/ESET Security Days 2019」を11月12日(火)、13日(水)に開催〜 DX 時代に必要なセキュリティとは〜 …………………………………………………………………………………………… キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)と、イーセットジャパン株式会社(本社:東京都港区、カントリー マネージャー:黒田宏也、以下イーセットジャパン)は、「Canon Security Days /ESET Security Days 2019」を2019年11月12日(火)〜 13日(水)の2日間で開催します
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 インシデントレスポンスの50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼

インシデントレスポンスの50%超がサイバー攻撃による損害後に依頼 …………………………………………………………………………………………… [本リリースは、2019年8月30日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] Kasperskyのセキュリティ専門チームは、2018年に依頼を受け対処したインシデントレスポンス(対応)について調査、分析しました。そのうち約56%において、依頼のあった組織がサイバー攻撃を受け、不正送金、ランサムウェアによるワークステーションの暗号化やサービス提供が不可能な状態など、被害を受けた後に依頼されていたことが明らかになりました。一方、依頼
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 Kaspersky、サイバー犯罪組織LazarusによるスパイツールDtrackを発見

Kaspersky、サイバー犯罪組織LazarusによるスパイツールDtrackを発見 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyのグローバル調査分析チーム(GReAT)※は、インドの金融機関と研究施設で確認され、これまで知られていなかったスパイツール「Dtrack」を発見しました。このスパイウェアは、Lazarusグループによって作られたと報告されており、標的のシステム上でファイルのアップロードおよびダウンロードの実行、キーボード入力情報の記録、そのほか悪意のあるリモート管理ツール(RAT)の典型的なアクションを実行するために使用されています。
[…続きを読む]

【クォントスタンプジャパン合同会社】 Quantstamp、メタップス運営デジタルアイテムのマーケットプレス「miime」のスマートコントラクト監査を完了ーーブロックチェーンセキュリティーの『NEW STANDARD』をNFTから目指す

Quantstamp、メタップス運営デジタルアイテムのマーケットプレス「miime」のスマートコントラクト監査を完了ーーブロックチェーンセキュリティーの『NEW STANDARD』をNFTから目指す Quantstamp日本法人クォントスタンプジャパン×メタップスアルファ …………………………………………………………………………………………… ブロックチェーンやスマートコントラクトにおける、ハッキングの脆弱性・安全性を担保するセキュリティー監査企業Quantstamp Inc. (本社:アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ、共同創業者・最高経営責任者:リチャード・マー) の日本法人クォン
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 <Kasperskyサイバー脅威レポート: 2019年4月〜6月統計>ランサムウェアの新たな亜種が増加、前年同期の2倍に

<Kasperskyサイバー脅威レポート: 2019年4月〜6月統計>ランサムウェアの新たな亜種が増加、前年同期の2倍に …………………………………………………………………………………………… Kasperskyは、2019年第2四半期(4月〜6月)のサイバー脅威レポートを公開しました。同期間中に、新たに発見した8種のマルウェアファミリーに属するものを含む、16,017のランサムウェアの新たな亜種を検知しました。この数は、前年同期(2018年4月〜6月)の7,620から倍増しています。また、ランサムウェアの攻撃を検知したコンピューターは重複を除き23万台以上でした。 [本リリースは、2019年
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 サイバー犯罪組織「Cloud Atlas」、ポリモーフィック型マルウェアによりAPT攻撃を強化

サイバー犯罪組織「Cloud Atlas」、ポリモーフィック型マルウェアによりAPT攻撃を強化 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyのグローバル調査分析チーム(GReAT)※ は、APT攻撃を行うサイバー犯罪組織「Cloud Atlas」(別名:Inception)が、標準的な脅威の痕跡(IoC:Indicators of Compromise)を利用した検知を回避する新しいツールにより、攻撃手段を強化したことを発見しました。この新しい感染チェーンは、東欧、中央アジア、ロシアのさまざまな組織で実際に発見されています。 [本リリースは、201
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 2019年上半期、金融系マルウェアの攻撃に遭遇したユーザーは43万に到達、前年同期比で7%増加

2019年上半期、金融系マルウェアの攻撃に遭遇したユーザーは43万に到達、前年同期比で7%増加 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyの調査チームは、2019年1〜6月の上半期に金銭、仮想通貨やWebマネーサービスを標的としたマルウェアの攻撃に遭遇したユーザーは43万に達し、前年同期比で7%の増加となったことを明らかにしました。そのうち3分の1以上(30.9%)は企業ユーザーで、前年同期(15.3%)の2倍でした。 [本リリースは、2019年8月1日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] 金融系マルウェアは一般
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 <Kaspersky APTレポート: 2019年第2四半期>乗っ取りや虚偽情報の拡散などのAPT攻撃が中東で発生

<Kaspersky APTレポート: 2019年第2四半期>乗っ取りや虚偽情報の拡散などのAPT攻撃が中東で発生 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyのグローバル調査分析チーム(GReAT)※ は、四半期毎にAPT攻撃についてまとめています。2019年4〜6月の第2四半期は、中東や韓国を標的としたAPT攻撃を多数検知しました。このような攻撃の大半が目的とするのはサイバースパイや金銭詐取ですが、少なくとも1件の攻撃キャンペーンでは、虚偽情報の拡散が目的であったことが明らかになっています。GReATは5月にオンライン上に漏洩した、イランの組織
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 悪名高いサイバー犯罪組織「Turla」、新たなドロッパー「Topinambour」の配信に正規ソフトウェアを悪用

悪名高いサイバー犯罪組織「Turla」、新たなドロッパー「Topinambour」の配信に正規ソフトウェアを悪用 …………………………………………………………………………………………… [本リリースは、2019年7月15日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] Kasperskyの調査チームは、ロシア語話者とみられるサイバー犯罪組織「Turla」が、マルウェア感染のツールセットを改良していたことを発見しました。具体的には、新しいドロッパー「Topinambour」内へのJavaScriptで書かれた既知のマルウェア「KopiLuwak」の包含、ほかのプログラミン
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 Kaspersky、iOSとAndroidを標的とする監視ツール「FinSpy」の新バージョンを発見

Kaspersky、iOSとAndroidを標的とする監視ツール「FinSpy」の新バージョンを発見 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyのリサーチチームは、悪意のある高度な監視ツールとして知られる「FinSpy」の新バージョンを発見しました。iOSとAndroidの両デバイスで作動し、一般的に普及しているメッセージングサービスのほとんどすべての活動(暗号化されたものも含む)を監視し、これまで以上に高度にその痕跡を隠すことができます。攻撃者はFinSpyを使用して、デバイスのあらゆる活動を偵察し、位置情報、メッセージ、写真、通話などの機密デ
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 Kaspersky、Windowsの既知の脆弱性を悪用するランサムウェア「Sodin」を発見

Kaspersky、Windowsの既知の脆弱性を悪用するランサムウェア「Sodin」を発見 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyのリサーチチームは、既知のWindowsの脆弱性(CVE-2018-8453)※ を悪用する、暗号化型ランサムウェア「Sodin」を発見しました。Sodinは、感染したシステムの特権昇格の脆弱性の悪用や、CPUのアーキテクチャを巧みに利用し検知を回避します。このような機能を持つランサムウェアはまれです。場合によっては、ユーザーの介在無しに、攻撃者が脆弱なサーバーにSodinを仕掛けるケースも観測しています。 [本
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 Kaspersky、スマートホームコントローラーの重大な脆弱性を発見

Kaspersky、スマートホームコントローラーの重大な脆弱性を発見 〜当社社員宅のスマートホームシステムで検証実験を実施〜 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyの調査チームは、スマートホームシステムに対応したコントロールデバイスの検証実験中に、重大な脆弱性を複数発見しました。その中には、クラウドインフラストラクチャに関するバグや、リモートコード実行を可能にするバグが含まれており、これらを悪用した場合、第三者がコントローラーのroot権限を取得し、スマートホーム対応機器を自由自在に操作できるおそれがありました。Kasperskyはコントロー
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 モバイルバンキング型トロイの木馬「Riltok」の亜種、標的地域をロシア外へと拡大

モバイルバンキング型トロイの木馬「Riltok」の亜種、標的地域をロシア外へと拡大 …………………………………………………………………………………………… Kasperskyの調査チームは、金銭を窃取するモバイルマルウェア「Riltok」の新たな亜種が、標的地域をロシアから拡大していることを発見しました。Riltokは、フランス、イタリア、英国で人気のある複数のサービスを装い、欧州を皮切りに世界中に拡大しています。 [本リリースは、2019年6月25日にKasperskyが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] Riltok(名前の由来はReal Talk)は、2018年半ばに初めて
[…続きを読む]

ブロックチェーンによるデジタル証券化ビジネスの推進団体が始動

ブロックチェーンによるデジタル証券化ビジネスの推進団体が始動 米国スタートアップと連携し国内エコシステム形成へ …………………………………………………………………………………………… 国内のセキュリティトークン(※)エコシステム構築を推進する一般社団法人日本セキュリティトークン協会(所在地:東京都中央区、共同代表理事:並木智之・増田剛、以下「JSTA」)は2019年5月27日付で発足し、本日、セキュリティトークンのプラットフォームを提供するSecuritize社(所在地:米国カリフォルニア州、CEO兼共同創業者:Carlos Domingo、 以下「Securitize」)と、ブロックチェーン
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 <Kaspersky Lab サイバー脅威レポート: 2019年1月〜3月統計> 悪意あるモバイルバンキング型トロイの木馬のインストールパッケージ数が58%増(対前年同期比)

<Kaspersky Lab サイバー脅威レポート: 2019年1月〜3月統計> 悪意あるモバイルバンキング型トロイの木馬のインストールパッケージ数が58%増(対前年同期比) …………………………………………………………………………………………… Kaspersky Labは、2019年第1四半期(1月〜3月)のサイバー脅威レポートを公開しました。当レポートで、ユーザーの銀行口座から、認証情報や金銭を窃取することを目的に作られたモバイルマルウェアの数が増加していることがわかりました。2019年第1四半期に検知したモバイルバンキング型トロイの木馬のインストールパッケージ数は29,841にのぼり、
[…続きを読む]

【マカフィー】 マカフィーがAmazon Web Servicesと連携し、クラウド環境におけるデータベースセキュリティを提供

マカフィーがAmazon Web Servicesと連携し、クラウド環境におけるデータベースセキュリティを提供 McAfee Database SecurityがAmazon RDS上のデータベースワークロードをリアルタイムで強力に保護 …………………………………………………………………………………………… デバイスからクラウドまでを保護するサイバーセキュリティ企業である米国マカフィー(McAfee LLC、本社:米国カリフォルニア州)は、Amazon Relational Database Service(以下、Amazon RDS)向けの McAfeeR Database Security
[…続きを読む]

【プレスリリース】 AI Infinity、FRONTEOとOEM契約を締結

AI Infinity、FRONTEOとOEM契約を締結 自然言語処理AIエンジン「KIBIT」を提供開始し、より多様な課題解決を推進 …………………………………………………………………………………………… AI Infinity株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:春芽 健生)と株式会社FRONTEO(本社:東京都港区、代表取締役社長:守本 正宏)は、「KIBITビジネスパートナー」としてOEM契約を締結したことを発表しました。本契約に基づき、AI Infinityは、FRONTEOが独自開発した自然言語処理AIエンジン「KIBIT(キビット)」を同社のテキスト事業製品として提供開始し
[…続きを読む]

【テュフズードジャパン株式会社】 テュフズードジャパン、株式会社マクニカ主催のIEC62443 徹底解剖『制御システムセキュリティセミナー』に参加

テュフズードジャパン、株式会社マクニカ主催のIEC62443 徹底解剖『制御システムセキュリティセミナー』に参加 …………………………………………………………………………………………… 国際的な第三者認証機関であるテュフズードの日本法人テュフズードジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:ディーター・エッカート)は、2019年6月18日(火)@大阪、19日(水)@東京で開催される株式会社マクニカ主催のIEC62443 徹底解剖『制御システムセキュリティセミナー』にスピーカーとして参加いたします。 本セミナーでは、IEC62443を参照し、OT(Operation Technolog
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 サイバー犯罪グループ「ScarCruft」が、接続されたBluetoothデバイスを識別するマルウェアなどで情報収集を強化

サイバー犯罪グループ「ScarCruft」が、接続されたBluetoothデバイスを識別するマルウェアなどで情報収集を強化 …………………………………………………………………………………………… [本リリースは、2019年5月13日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)※は、韓国語話者であり高度なスキルを持つサイバー犯罪グループ「ScarCruft」が、接続されたBluetoothデバイスを識別するコードなどの新しいツールによって、標的から収集する情報の種類と量をさらに拡大していることを
[…続きを読む]

【株式会社ネクスティ エレクトロニクス】 ネクスティ エレクトロニクスとBlackBerry QNXのVAIパートナー契約を締結

ネクスティ エレクトロニクスとBlackBerry QNXのVAIパートナー契約を締結 〜セキュアでセーフティクリティカルな組込みソリューションの開発で提携〜 …………………………………………………………………………………………… 豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクスは本日、BlackBerry Limitedと日本国内におけるBlackBerry QNXのDistributor and Value-Added Integratorプログラムを締結しました。  豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクス(本店:東
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 サイバー犯罪グループ「Fin7」、リーダー逮捕後もソーシャルエンジニアリングを利用し130超の企業を標的に

サイバー犯罪グループ「Fin7」、リーダー逮捕後もソーシャルエンジニアリングを利用し130超の企業を標的に …………………………………………………………………………………………… [本リリースは、2019年5月8日にKaspersky Labが発表したプレスリリースに基づき作成したものです] Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)※は、悪名高いサイバー犯罪グループFin7/Carbanakによる、GRIFFONマルウェアを使用した新たな攻撃を発見しました。当グループは、2018年にリーダー数人が逮捕されたことで解散したと考えられていました。GReATのリサーチャーは
[…続きを読む]

【株式会社ネクスティ エレクトロニクス】 株式会社ネクスティ エレクトロニクスとモデルベース開発ツールベンダーのETASが業務提携

株式会社ネクスティ エレクトロニクスとモデルベース開発ツールベンダーのETASが業務提携 …………………………………………………………………………………………… 豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクスと、ECUソフトウェアの開発工程全般に対応するソリューションを提供しているイータス株式会社は業務提携をしたことを発表しました。 豊田通商グループのエレクトロニクス商社である株式会社ネクスティ エレクトロニクス(本社:東京都港区、代表取締役社長:青木厚、以下「ネクスティ エレクトロニクス」)とECUソフトウェアの開発工程全般に対応するソリューションを提供して
[…続きを読む]

【TISインテックグループ】 インテック、ロボット開発者向け開発・管理環境ユーティリティ「RDBOX」をOSSで公開

インテック、ロボット開発者向け開発・管理環境ユーティリティ「RDBOX」をOSSで公開 〜最新技術で開発者を支援し、サービスロボット市場の活性化を図る〜 ……………………………………………………………………………………………  TISインテックグループの株式会社インテック(本社:富山県富山市、代表取締役社長:北岡隆之、以下インテック)は、ロボット開発者向け開発・管理環境ユーティリティ「RDBOX」(A Robotics Developers BOX: アールディーボックス)をオープンソースソフトウェア(OSS)として公開することを発表します。  「RDBOX」は、インテックが2018年9月より
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 Kaspersky Lab、未知のサイバー犯罪組織に悪用されたWindows OSのゼロデイ脆弱性を発見

Kaspersky Lab、未知のサイバー犯罪組織に悪用されたWindows OSのゼロデイ脆弱性を発見 …………………………………………………………………………………………… Kaspersky Labの自動化テクノロジーは、Microsoft Windowsの新たなゼロデイ脆弱性を検知しました。この脆弱性は、標的のデバイスを完全に制御しようと試みた正体不明のサイバー犯罪組織によって悪用されていました。攻撃者は、バックドアを経由してシステムの中核であるカーネルを狙っていました。Kaspersky Labはこの「CVE-2019-0859」脆弱性をMicrosoftに報告し、Microsoft
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 80ものモジュールと独自機能を備えたスパイ活動フレームワーク「TajMahal」を発見 〜 既知のいかなるサイバー犯罪組織との関連性も見られず 〜

80ものモジュールと独自機能を備えたスパイ活動フレームワーク「TajMahal」を発見 〜 既知のいかなるサイバー犯罪組織との関連性も見られず 〜 …………………………………………………………………………………………… Kaspersky Labの調査チームは、高度な機能を持つサイバースパイ活動のフレームワークを発見しました。このフレームワークは、少なくとも2013年から利用されており、既知のいかなるサイバー犯罪組織との関連性も見られません。調査チームが「TajMahal(タージマハル)」と名付けたこのフレームワークは、約80の悪意あるモジュールを備えています。プリントキューから情報を傍受する
[…続きを読む]

【CYBAVO社 報道資料】 CYBAVOがSepiorと提携、MPC技術で企業の仮想通貨ウォレットを保護

CYBAVOがSepiorと提携、MPC技術で企業の仮想通貨ウォレットを保護 …………………………………………………………………………………………… CYBAVO社とSepior社との新しいパートナーシップ契約により、CYBAVO社の機関投資家向けウォレットであるCYBAVO VAULTに現在得られる最高水準のセキュリティ保護が施されました。 <>CYBAVO Pte. Ltd. CYBAVOがSepiorと提携、MPC技術で企業の仮想通貨ウォレットを保護 2019年4月16日、シンガポール発: CYBAVO社とSepior社との新しいパートナーシップ契約により、CYBAVO社の機
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 Kaspersky Lab、6万以上のデジタルIDを販売する闇のオンラインストア「Genesis」を発見

Kaspersky Lab、6万以上のデジタルIDを販売する闇のオンラインストア「Genesis」を発見 〜 金融系の詐欺防止ソリューションをも回避するデジタルドッペルゲンガー 〜 …………………………………………………………………………………………… Kaspersky Labのグローバル調査分析チーム(GReAT)※は、6万以上の盗まれたデジタルIDを取引しているオンラインストア「Genesis」を発見しました。調査の結果、このオンラインストアでは、「デジタルマスク」と呼ばれる機械学習に基づいた詐欺防止アプローチを悪用し、ほかの悪意あるツールと同様に、クレジットカード詐欺をより簡単に成功さ
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 <Kaspersky Lab 調査レポート : 2018年はモバイルマルウェアによる攻撃数が1億1650万件に上り、1年間で倍増

<Kaspersky Lab 調査レポート : 2018年はモバイルマルウェアによる攻撃数が1億1650万件に上り、1年間で倍増 〜 Androidデバイスを狙うモバイルマルウェアの影響力と正確性、サイバー犯罪者の攻撃戦略が主な要因 〜 …………………………………………………………………………………………… Kaspersky Labは、2018年のモバイルマルウェアの調査レポート※1 を公開しました。この1年間にAndroidデバイスを狙うモバイルマルウェアの攻撃に遭遇したユニークユーザーは989万5774人で、2017年の912万1774人から増加しました。検知した攻撃数は、2017年の6
[…続きを読む]

【パナソニック】 次世代PLC技術が国際標準規格(IEEE 1901a)として認定

次世代PLC技術が国際標準規格(IEEE 1901a)として認定 …………………………………………………………………………………………… パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、パナソニックが提唱するIoT向けの次世代PLC技術を2018年6月にIEEE標準化協会(※1)に提案し、この度、本技術が2019年3月21日ドイツで開催された同協会の理事会にて、国際標準規格IEEE 1901aとして承認されました。本規格はIoT関連サービスに求められる様々な要求に柔軟に対応することができます。 IEEE 1901aは、「IoT(Internet of Things)PLC」と称する通信規格で、周
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 サイバー犯罪組織が悪用したMicrosoft Windowsゼロデイ脆弱性を発見

サイバー犯罪組織が悪用したMicrosoft Windowsゼロデイ脆弱性を発見 〜 カスペルスキー製品の脆弱性攻撃ブロック機能が、実際に利用されたゼロデイエクスプロイトを検知 〜 …………………………………………………………………………………………… カスペルスキーのエンドポイント向け製品の脆弱性攻撃ブロック機能が、Windowsの新たな脆弱性を悪用したエクスプロイトを検知しました。このエクスプロイトは、「FruityArmor」や「SandCat」以外にも、複数のサイバー犯罪組織によって使用された可能性があるとみています。 このたび、カスペルスキーのエンドポイント向け製品に搭載されている脆
[…続きを読む]

【STマイクロエレクトロニクス】 STとVirscient、車載用プロセッサを使用したコネクテッド・カー・システムの開発期間短縮に向けて協力

STとVirscient、車載用プロセッサを使用したコネクテッド・カー・システムの開発期間短縮に向けて協力 STマイクロエレクトロニクスとVirscient、車載用プロセッサTelemaco3Pを使用したコネクテッド・カー・システムの開発期間短縮に向けて協力 …………………………………………………………………………………………… 多種多様な電子機器に半導体を提供する世界的半導体メーカーのSTマイクロエレクトロニクス(NYSE: STM、以下ST)は、ハードウェアおよびソフトウェアの開発サービス・プロバイダであるVirscientと協力し、STのセキュアなテレマティクスおよび通信機能を持つTel
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 アダルトサイトのログイン情報を窃取するマルウェア、2018年は前年比2倍の11万PCユーザーが標的に

アダルトサイトのログイン情報を窃取するマルウェア、2018年は前年比2倍の11万PCユーザーが標的に …………………………………………………………………………………………… Kaspersky Labはアダルトサイトでの脅威に関する調査※を行い、有料アクセス用ログイン情報を窃取するマルウェアの標的になったPCユーザー数が、2018年は約11万となり、約5万だった2017年に対し2倍以上になったことがわかりました。さらに、アダルトサイトにアクセスするためのユーザー認証情報を探索する目的のマルウェア感染の試みを85万件以上検知しました。攻撃が増加すると同時に、窃取された認証情報のダークウェブでの販
[…続きを読む]

【アルプス システム インテグレーション株式会社】 ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」 Windows版を3月1日より提供開始

ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」 Windows版を3月1日より提供開始 -マルチデバイスからの、安全なWi-Fi利用が実現- ……………………………………………………………………………………………  アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、企業向けWi-Fiセキュリティサービス「Wi-Fi Security for Business」のWindows版を、2019年3月1日より提供開始します。現在提供中の、iOS / Andro
[…続きを読む]

「SECURITY SHOW 2019」パナソニックブースの展示概要とみどころ

「SECURITY SHOW 2019」パナソニックブースの展示概要とみどころ …………………………………………………………………………………………… SECURITY SHOW 2019 パナソニックブース イメージ(東8ホール内 SS8107)パナソニックグループ(パナソニック株式会社、パナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社)は、2019年3月5日(火)〜8日(金)に東京ビッグサイト 東7・8ホールにて開催される第27回 セキュリティ・安全管理総合展(SECURITY SHOW 2019)に 『現場プロセスイノベーションi-PRO EXTREME 〜Leading the
[…続きを読む]

【パナソニック】 森ビルと、AIを活用したビルオートメーションシステム向けセキュリティ技術の実証実験を開始、技術開発を加速

森ビルと、AIを活用したビルオートメーションシステム向けセキュリティ技術の実証実験を開始、技術開発を加速 …………………………………………………………………………………………… パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、森ビル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:辻 慎吾、以下、森ビル)とビルオートメーション(BA)システム向けのセキュリティ技術について、既設ビルでの実証実験を2019年1月末から開始し、本技術の開発を加速します。また、サイバーセキュリティ技術の認知拡大のため、東京(汐留浜離宮ビル内)にパートナー様向けにショウルームを開設しました。 昨今、ビル設備の多くはBAシステム
[…続きを読む]

【アルプス システム インテグレーション株式会社】 ALSI、セキュアなテレワークの実現を支援する、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS Ver. 5.0」を3月18日より販売開始

ALSI、セキュアなテレワークの実現を支援する、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS Ver. 5.0」を3月18日より販売開始 フィルタリングカテゴリを、国内Webフィルタリングソフト最大クラスの148カテゴリへ増強・細分化 ……………………………………………………………………………………………  アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、クラウド型Webフィルタリングサービス「InterSafe CATS(インターセーフ キャッツ)」をバージョンアップし、2019年3月18日
[…続きを読む]

【キヤノンMJ】 「Canon Security Days 2018」イベント開催レポートを公開〜専門家がセキュリティの最新動向を解説〜

「Canon Security Days 2018」イベント開催レポートを公開〜専門家がセキュリティの最新動向を解説〜 …………………………………………………………………………………………… キヤノンマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長:坂田正弘、以下キヤノンMJ)は、2018年12月4日(火)〜5日(水)に実施した「Canon Security Days 2018」のイベント開催レポートを公開します。  「Canon Security Days 2018」は、サイバーセキュリティの最新動向やセキュリティソリューションを紹介するセミナーイベントで、セキュリティの専門家の視点からみた最
[…続きを読む]

【アルプス システム インテグレーション株式会社】 ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」に、新オプションを追加 1月15日より提供開始

ALSI、企業向けWi-FiセキュリティVPNサービス「Wi-Fi Security for Business」に、新オプションを追加 1月15日より提供開始 -あらゆる通信環境下で、クラウドサービスのセキュアな利用が可能に- ……………………………………………………………………………………………  アルプス システム インテグレーション株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役社長:永倉 仁哉、以下ALSI〔アルシー〕)は、企業向けWi-Fiセキュリティサービス「Wi-Fi Security for Business」に、「プライベートサーバー」オプションを追加し、2019年1月15日より提供
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 <Kaspersky Security Bulletin-3:数字で振り返る2018年のサイバー脅威>新たなバックドア型マルウェアが40%以上増加

<Kaspersky Security Bulletin-3:数字で振り返る2018年のサイバー脅威>新たなバックドア型マルウェアが40%以上増加 …………………………………………………………………………………………… 2018年に検知した新たな悪意あるファイルのうち、バックドアと判明したマルウェアは昨年と比較して44%増、ランサムウェアは43%増加しました。また、ユーザーのコンピューターの30%が、この1年間で少なくとも一度はWebベースの攻撃に遭遇していました。これはマルウェア、特にバックドアとランサムウェアが依然としてコンピューターユーザーにとって重大なリスクであることを示しています。
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 <Kaspersky Security Bulletin-2:2018年を代表するサイバー脅威>仮想通貨マイニングマルウェア流行の主な要因は、海賊版ソフトウェアとコンテンツ

<Kaspersky Security Bulletin-2:2018年を代表するサイバー脅威>仮想通貨マイニングマルウェア流行の主な要因は、海賊版ソフトウェアとコンテンツ …………………………………………………………………………………………… 仮想通貨マイニングマルウェアの世界的流行により、第1〜第3四半期で500万ユーザー以上が攻撃を受けたことがわかりました。これは前年同期の270万ユーザーと比較すると83%以上の増加であり、主な要因は、ライセンスを受けていないソフトウェアおよびコンテンツのインストールと使用にあると分析しています。 [本リリースは、2018年11月28日にKaspersk
[…続きを読む]

【株式会社カスペルスキー】 法人向けWebゲートウェイセキュリティ製品「Kaspersky Web Traffic Security 6.0」を提供開始

株式会社カスペルスキー 法人向けWebゲートウェイセキュリティ製品「Kaspersky Web Traffic Security 6.0」を提供開始 〜Web経由のマルウェア侵入や情報漏洩のリスクを軽減、大規模企業やMSP向けに管理機能を拡張・強化〜 …………………………………………………………………………………………… 最新版では、膨大なデータに基づく高度なアンチフィッシング機能、管理用のマスターサーバーとスキャン処理用のワーカーサーバーの役割分離、管理対象組織ごとのワークスペース、SIEM連携など、大規模企業やMSPでの利用を想定した機能を搭載しました。 情報セキュリティソリューションを提
[…続きを読む]